スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:Gift~eternal rainbow~ 第8話『思い出の時間』

 2006-11-26
修学旅行で京都に行く春彦たち。
そこで起こる出来事とは。
〈今回のお話〉
 霧乃に頼まれた土産(恋愛成就のお守り)の件で悩む春彦と莉子。
ともかくも修学旅行で京都に出発した春彦たちだった。
 莉子に言い寄ろうと計画する同級生たち。春彦はそれが気に入らず抗議するが、あまりの本気ぶりに疑いの目を向けられる。
春彦は「ただの妹だ」と言い、影でそれを聞いてしまった莉子は沈んでしまう。
 その夜、先刻の同級生たちが入浴の覗きをしようとしていることを知った春彦は、阻止すべく乱入する。
「妹だから守ってくれたの?」と莉子に言われ、春彦は「他のやつに見られたくなかった」と恥じながら言う。
 翌日の自由行動は、晴彦と莉子の二人だけで行くことに。
寺社仏閣等を見て回り、ホテルに戻った莉子と春彦だったが、莉子の同室メンバーはまだ帰っていなかった。
 春彦は莉子のカバンの中に、いつものウサギのぬいぐるみが入っているのを見る。
春彦は忘れていたが、それは幼い頃に春彦が莉子に選んであげたものだった。
見つめあう二人だったが、お土産を見せびらかしに来た奈美によって、霧乃への土産を買っていなかったことを思い出す。
 霧乃の求めるお守りを売っている神社へ行く春彦だが、「莉子も一緒に来て欲しい」と言う。
春彦は莉子に言う。「お守りは買わない。自分の本心に嘘はつけない」と。
莉子も春彦のことがずっと好きだったと、春彦に告げる。
 幼い頃の別れの日、莉子は密かにギフトを送った。それは消えない虹。
 ようやく春彦は、莉子の本心を知ることができたのだった。


 てなワケで修学旅行イベントの回でした。
自分は中3のときに京都へ行きましたが、いい思い出なぞありません。
観光が嫌なんじゃなくて、一緒だった班員がクソばかりで(汗)
メンバー組みなおしてもう一回やり直したいっす。
 それはおいておいて今回の感想。
親父さんが出たのは1話以来でしょうか?どう必要性があったのかは知りませんが。
ガイドさんに「嵐山もおすすめ」と言われて、嵐山幼稚園をチェックする担任。BPOなど恐るるに足らずと(笑)
 回答保留にした割に、莉子は結構積極的ですよね。「妹、なんだ・・・」とか。
ともかく正式にカップル成立おめでとうということで、あとは霧乃をどうするかといったところ?
 ただ、莉子が勝手に送ったギフトが消えない虹ってのは、設定としてよく分からないのですが・・・。
あれ以前は虹はかかっていなかったということになるのでしょうか?
 ところで、予告の声はチビ春彦でよろしいのでしょうかね。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/58-070ece21
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。