スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:魔法少女リリカルなのはStrikerS 第24話『雷光』

 2007-09-15
ここまで来ると致命傷としか言えないですね。色々と。
〈今回のあらすじ〉
かつて、加速度的に増えていった地上の事件に追われていたレジアス。
平和を守る力を蓄えるため、彼は次々に改革を行っていく。
だがその内に、レジアスには黒い噂が生まれてくるようになった。
そんな中、戦闘機人プラントに潜入したゼストは部下をかばって瀕死の傷を負ってしまう。
やむなく放棄された彼の遺体は、ナンバーズによって回収されていった。
回収されたゼストと負傷したもう一人・メガーヌは、人造魔導師の素体とされてしまう。
メガーヌの娘もまた、人造魔導師にされようとしていた。

かつて求めたはずの力が、今や敵となって襲ってきている。
その事を悲しむゼスト。
レジアスは潜んでいたナンバーズ・ドゥーエに命を奪われてしまう。
ドゥーエを倒したゼストだが、それはあまりに遅かった・・・。
「俺が殺した」と、ゼストは駆けつけてきたシグナムに言う。

愛されて友達がいるキャロには分かるまいと、敵意を示すルーテシア。
孤独で誰も守ってくれず、誰も信じられない。
何も分からず、傷つけることしかできない。
それでも、きっかけ一つで変わることはできる。
キャロやエリオにフェイトがいたように。
ルーテシアの召喚獣に対し、ヴォルテールを呼ぶキャロ。
キャロの言葉を信じられず、ルーテシアは戦いを止めようとはしない。
「召喚獣までもが悲しんでいる」と、キャロは説得を続ける。

ガリューを倒したエリオ。
ヴォルテールの力を借りて召喚獣を抑えたキャロだが、ルーテシアは意識を失ってなお戦闘の意思を持っていた。
ルーテシアの召喚獣は混乱に陥ってしまう。

小型刃のライオットを起動したフェイトは、ひとまずスカリエッティの拘束から逃れる。
スカリエッティは、自らのコピーを全てのナンバーズに埋め込んであると言う。
どれか一つでも無事なら、再び同じ記憶を持ったスカリエッティが生まれてくることになる。
スカリエッティはナンバーズを、フェイトは子供たちを意のままにしている。
自分とフェイトは同じだとスカリエッティは言う。
いずれプレシアのようになる、間違いを犯すことに怯え薄い絆に縋るのは無意味だと言い続けるスカリエッティ。
自らの意思で今ある道を選んだと言うキャロとエリオ。
居場所、優しさ、大切なものを守れる幸せ。
フェイトはそれをくれた。
道を間違えそうになったら、自分たちがフェイトを叱って連れ戻す。
迷わず戦ってほしいと呼びかけるエリオとキャロ。
ソニックフォームに加え、ライオットを分割するフェイト。
迷うことも悩むこともある。
それも全部、自分という存在の証。

スカリエッティの腹心にしてナンバーズの指揮官であるウーノを捕らえたアコース。
空間を移動するセインだが、シャッハはそれを逃がさなかった。
ソニックフォームを取ったことで低下した装甲強度をものともせず、セッテとトーレを倒したフェイト。
もはや聖王のゆりかごは止まらないと笑うスカリエッティ。
渾身の一撃だけ加え、フェイトはスカリエッティを逮捕する。

残る戦闘機人はクアットロと、ティアナの目前にいるノーヴェだけ。
罪を認めればまだ生き直すことは出来ると説得するティアナ。
戦うための兵器として生まれた自分に別の生き方は存在しないと言うノーヴェ。
立ち上がったディードだが、その攻撃はヴァイスの狙撃によって妨害される。
戦闘機人に生まれたとしても、優しく、そして笑って生きることも出来る。
誰よりも人間らしく、優しく一生懸命に生きる少女を、ティアナは知っている・・・。

ヴィヴィオに為す術もなく追い詰められるなのは。
残された時間は、あと1時間35分。



〈感想〉
はやてとヴィータが完全に空気、シャマルとザフィーラは前回っきり(そしてこの後も無いでしょう)。
シグナムはタイミング悪く役に立たず。
旧キャラは軒並み割を食っているようですね(^^;

レジアスももっと早く死んでいておかしくないはずなんですが、それだとゼストの出番がなくなるからという苦肉の策でしょう。
エリオ・キャロがフェイトに呼びかけられるのもおかしいと言えばおかしいですよね。
思いっきりカメラ目線でしたし(普通はバレないように監視するでしょうし)。
エリオも全く迫力の無い動きをして・・・。
そもそも召喚獣が前より格好悪くなっている。

2期の頃から思っていたことではありましたが、ソニックフォームはセクハラ(笑)
戦闘シーンも動かないし・・・。

ティアナの説得はいいんですが、その前段階としてナンバーズ側には「迷い・戸惑い」の描写が無かったので説得力なし。

・・・なんか今回文句しか書いてないですね。
でもこれが率直な感想なんですよね(苦笑)
普段はあまり気にはならないのですが、あの作画のが余計に評価を下げているように感じます。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/568-89da38cc
【2007/09/16 19:42】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。