スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:School Days スクールデイズ 第10話『心と体』

 2007-09-06
この作品は「視聴者の人倫・道徳心を試すアニメ」です。
・・・お願いだから誰かそう言って下さい。本当に。
〈今回のあらすじ〉
茫然自失の果てに澤永との関係を強要されてしまった言葉。
誠の元に戻れないと知り、言葉は絶望する。

文化祭で言葉といられなかったと謝る誠。
言葉はただ「そう言ってくれただけで」と誠を責めない。
後片付けの中、澤永はひたすら嬉しそうだった。
文化祭で何かあったらしいとは思っても、その実は誰も知らない・・・。
きっかけはどうあれ、言葉を裏切らないと誓う澤永。
言葉をクリスマスのディナーに誘うが、「何を言ってるのか分からりません」と言葉。
あくまでも自分は誠の彼女であり、澤永とは付き合えないと。
「二股かけてるのか」と誠を問いただす澤永。
誠は「それは誤解で、もう言葉とは何とも」と言う。
言葉が嘘をついているのだと。

誠が言葉と関係を持ち続けていると疑う刹那。
後夜祭に誘われたが行っていないし、今は言葉が気持ちを整理できていないだけだと言う誠。
きっぱり別れて、世界だけを見てほしいと頼む刹那。
言葉を濁す誠に、世界だけを見ると約束させようとする。
刹那はパリに行くことを世界に話していなかった。
誠が世界を支えると確認できなければ、話すことが出来ないと言う。
言葉が誠を誘おうとするが、刹那は「私と約束してる」と邪魔しようとする。
今みたいな関係を続けていると誤解させてしまうと、誠は言葉に別れを切り出す。
それが誠の本心ではなく、世界が言わせているんだと思い込む言葉。
言葉は刹那を黙らせようと、“学祭のこと”をちらつかせる。
逆手にとって、誠と付き合っていると明言する刹那。
刹那と世界のことは言葉には関係ないと。
誠がその日の朝、自分に謝ってくれたことに縋ろうとする言葉。
誠はただ「行かなかったことを謝りたかっただけ」としか言わない。
「もう言葉のことは好きじゃない」と、誠は言って去る。
膝を折って蹲る言葉を残して。

誠は行方をくらましていた。
世界といるものだと思っていた刹那だが、実際を予想できていたかどうか。
誠は乙女と一緒にいた。
「何をするにしても色々と面倒」と愚痴る誠。
乙女は今のままの関係でも構わないと言う。
ただ女の子として見てくれるならそれでいいと。
刹那はこれまで見えていなかった誠の顔を知ることに・・・。

出国前にもかかわらず誠の家を訪ねた刹那。
刹那は乙女との関係を問いただそうとする。
「世界のことを嫌いになったわけではない」と誠。
なおさら、刹那はすぐに別れさせようとする。
乙女とのことは世界には話せないと言う刹那。
「本当は俺のこと好きだったりして」と刹那に迫る誠。
言葉と同じように、乙女とも別れてくれるなら何をしてもいいと刹那は言う。

とにかく人数集めということで、女子バスケ部の打ち上げに呼ばれた世界。
打ち上げのはずだったが、なぜか“上映会”にすり替わってしまう。
映し出されたのは、隠し撮りされていた“休憩所”の映像。
そこには甘露寺だけでなく、乙女が誠といた様子も映っていた。
世界はその相手が誠だったと知ることに。

世界は誠と連絡を取りたくても、誠が電話に出ない。
世界は言葉と出会う。
言葉は刹那を探していた。
誠と一緒にいるはずだと。
家にもいないということは、二人でどこかに行っているということ。
世界は言葉の目に驚愕する。
それはどう見ても、もう正気とは思えないほどに澱み、濁った瞳・・・。

刹那は日本を離れていく。
誠が空港に来ていても、会うことは許されない。
それはもとより、世界に誠を譲った日からずっと・・・。



〈感想〉
なんという視聴者拷問タイムでしょうか(苦笑)
どうもこの学校には人倫とかの類は全く存在しないらしいですね。
あの言葉さえ刹那をゆすり、伝統だかなんだかの休憩室は暴露タイムに変貌。
暴露の方は世界が誠の甲斐性なしっぷりを知る機会になったんでまだマシ。
でも世界には誠を責める権利はこれっぽっちも無いんですが。

普通は毛ほどの道徳心でもあればこのような作品は出来上がらなかったんじゃないかと思うのですが・・・。
世界・言葉・乙女・刹那とかあり得ないでしょう、どう考えても(^^;

分かってはいたことですが、刹那は「世界のため」だけに動いていたわけではないと言うことですね。
「他の女に取られるなら世界に渡した方がマシ」とかそんなもんでしょう。
「誠と付き合っている」と明言することは世界への背信行為ですから、いかに偽善か分かろうというものですよ。

ここまで来ると一番キツイのは言葉でしょうね。
まあとうとう壊れてしまいましたが。
真っ先に死亡するはずだった人は刹那だったんでしょうか。
理由はどうあれ国外逃亡ということで難を逃れましたが。
よかったね、刹那(ものすごく棒読みで)。
もしやこれは言葉と視聴者の痛快復讐劇なのでは・・・。

と思ってたら次回タイトルがすごく気になりますね。
最終回は女の子全員で誠を滅多刺しとか?
それとも「何、皆好きなの?だったらシェアすればいいんじゃね?」的な流れになっていくのか(笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/551-d7dc1f4e
  • (アニメ感想) School Days 第10話 「心と体」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    School Days 第1巻(初回限定版) 世界と付き合っていると公言しながらも、影では乙女とだらしない関係を続けている誠。そんな彼に、刹那は世界だけを愛して欲しいと懇願するが、誠は・・・。
【2007/09/08 08:29】
  • 心の体「school days」【Anime in my life 1号店】
    あたるを幸い薙ぎ倒し、避妊もしないで押し倒す。そんな野郎の器なぞ高が知れてるはずなのに、ホンにギャルゲは罪な奴。 「分かれろ切れろは言葉の時に言う言葉」世界と分かれさせないために刹那が体を差し出したよ
【2007/09/08 15:27】
  • レビュー・評価:School Days/第10話「心と体」【ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン】
    品質評価 16 / 萌え評価 4 / 燃え評価 22 / ギャグ評価 38 / シリアス評価 66 / お色気評価 42 / 総合評価 36レビュー数 71 件 School Days 第10話「心と体」のレビューです。
【2007/09/11 22:53】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。