スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:風のスティグマ 第21話『狂乱の風術師』

 2007-09-03
和麻は箍が外れてしまったようですが・・・。
〈今回のあらすじ〉
行方を眩ました和麻は、滞在していたホテルにも戻っていなかった。
携帯も繋がらず、綾乃も不安感を覚える。

能力者同士の戦いに割って入り、パンデモニウムの場所を聞き出そうとする和麻。
すぐに答えようとしないと知るや、脳から直接手がかりを得ようとする。
呪いを使う能力者・内海の存在を知った和麻は、次の行動に移る。

ランクアップした能力者からパンデモニウムの場所を聞き出そうと死の寸前まで追い込む人物。
現場に残された風の傷跡も含めて、それが和麻であると知ることになった綾乃、煉、霧香。

ヴェルンハルトの意向を理解しかねていたラピス。
“データ収集”は完了したが、面白くなるのはこれからだという。
人間ではないが、人形でもない存在であるラピス。
自分は何なのか悩むことが心を成長させ、そこに真の意思が生まれてくるとヴェルンハルトは言う。
それこそがラピスに課せられた使命なのだと。

七瀬の護衛に当たっていたキャサリン。
そこに内海を捕らえてパンデモニウムの場所を聞き出そうとする和麻が現れる。
目的のためには七瀬が犠牲になろうと構わない和麻。
「身の程を弁えろ」と、和麻はキャサリンを牽制する。
和麻を止めようとしたキャサリンだが、あえなく和麻に倒されてしまう。

七瀬は内海に操られ、姿を消してしまう。
和麻は事実上その手助けをしていた。
全てはパンデモニウムの手がかりを掴むため。
和麻が七瀬を餌にするはずがないと信じたい綾乃。
欠点を上げればキリがなくても、それだけは和麻のやり方ではないと。
だが霧香の知っている和麻の姿は違っていた。
彼女が初めて和麻と出会ったのは、2年前のロンドン。
“八神和麻”の名ではないものの、悪魔のような風使いがいるという噂が広まっていた。
人を傷つけることに躊躇いはなく、利用できるものは全て利用する、まさしく噂どおりの男だった和麻。
霧香は任務を終え、もう顔を見なくて済むことに喜びさえ覚えたという。
だが日本に戻ってからの和麻は、霧香の知っているような人物ではなくなっていた。
和麻に何があったのかは分からないが、今の彼は間違いなく昔に戻っている。
「貴方が翠鈴に勝たなくてはならない」と言う霧香。
過去に捕らわれた和麻を、現在に引き戻さなければならない。
それが出来るのは綾乃だけだと。



〈感想〉
正直、綾乃がどうやったら和麻を引き戻せるのかまるで想像もつかないです(^^;
日本に来てから変わったと言いますが、もともとあんなもんだったような気がするんですよね。
綾乃と接触してから「特にここが変わった」みたいなことは感じないまま来てしまいましたし。
こうなるとどんな説得も陳腐で予定調和になりそうな気がしてしまいますね。
どうなるかは見てみないと分かりませんし、その分だけ期待もしていますが。

あえて言うなら、「何でもあり」な和麻と「まあ芯では漢」な和麻のどちらが素なのか綾乃たちは知らないわけですよね。
「これが素だ」とキレた和麻に言われたら綾乃はなんて言うんでしょうか(笑)
我々はと言えば、後者の和麻は回想でおおよそ知っていますが前者の方はよく分からない。
翠鈴がどうして亡くなって和麻が豹変したのか、その辺が分かれば綾乃にもチャンスはあるんじゃないですかね。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/547-fe7a390f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。