スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:ゼロの使い魔 双月の騎士 第8話『魔法学院の危機』

 2007-08-30
緊張感のない危機だこと(苦笑)
〈今回のあらすじ〉
好戦家のメンヌヴィルを呼び寄せたシェフィールド。
彼女は魔法学院を占拠することを依頼する。

夜な夜な部屋に忍び込み、ルイズをさらっていくエレオノール。
ルイズは地下牢に閉じ込められてしまう。
というのもルイズがアニエスと共に前線に出ると言い出したからだった。
戦地行きを諦めるまで外には出さないと言うエレオノール。
才人もルイズは無茶だと言い、エレオノールに加担する。

エレオノールと入れ替わりにやって来たコルベール。
アンリエッタのためなら何でもできると言い張るルイズに、「敵を殺しに行くというのか」とコルベール。
女王のため、国のためとは言っても、結局は人殺し。
生徒にそんなことはさせたくないとコルベールは懇願する。

夜の学校に忍び込んできたメンヌヴィルの一団。
アニエスは討伐指揮を始めるが、すでに多くの生徒が人質にされてしまっていた。
生徒の身代わりを買って出る学院長やエレオノール、カトレアだが、アンリエッタが動くにはそれでは足りない。
国中の貴族の子女の命がかかっていることが重要だと言うメンヌヴィル。

強襲策を準備していた銃士隊だが、メンヌヴィルはそれを見破ってしまう。
斬りかかるアニエスに、「本来は人質をとるより焼いてしまった方が早い」と言うメンヌヴィル。
彼は以前に村をひとつ焼いたことがあると話し始める。
炎がすべてを飲み込んでいく様は圧巻だったと語るメンヌヴィル。
彼こそがダングルテールを焼いた実行犯だった。
メンヌヴィルの放つ炎に剣を焼かれてしまうアニエス。

地下牢からルイズを出さざるを得なくなった才人と、身を隠していたキュルケ、タバサ。
コルベールは援軍を要請したと言う。
ルイズたちを逃がそうとするコルベールだが、キュルケは「臆病者は必要ない」と言う。

メンヌヴィルはダングルテールを焼いた隊長ではないと言う。
当時の彼は副官。
隊長は“炎蛇”の別名を持つ、より残忍な男。
メンヌヴィルもまたその男を捜しているのだという。
彼に傷を負わせたその男を・・・。


〈感想〉
何のための人質なのか・・・。
あんだけ騒いでたら誰か逃げ出してもよさそうなもんですが、やけに静かでしたね(^^;

第2シーズンはあんまり描きたい要素がないんでしょうか。
前回の話もそうですが、1話まるまる使うには長すぎるような気もします。
敵もなんだか薄っぺらいような感じですし・・・。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/539-f8cf9262
  • (アニメ感想) ゼロの使い魔 双月の騎士 第8話 「魔法学院の危機」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.2アンリエッタ女王が前線に赴くことを耳にしたルイズは、姫様を助けるため自分も前線に行くと言い出す。その話を聞きつけたエレオノールは、前線行きを阻止するべくルイズを禁固部屋に閉じ込めてしまう。ルイズを戦争に行かせたくないため今...
【2007/08/31 03:00】
  • ゼロの使い魔~双月の騎士~ 第8話「魔法学院の危機」【SERA@らくblog】
    いきなり寝ていたルイズは、エレオノールに拘束され禁固部屋に閉じ込められる。アンリエッタ女王を助けるため前線に行こうするルイズを阻止するため。才人も戦争に行かせたくないからルイズの見張り役に…。そんな時、
【2007/08/31 20:51】
【2007/09/04 17:45】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。