スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:風のスティグマ 第20話『翠色の残影』

 2007-08-26
回想の前半と言ったところでしょうか。
〈今回のあらすじ〉
ラピスに止めを刺そうとする綾乃を妨害する和麻。
ラピスに翠鈴を重ねてしまう和麻だが、すぐに我に返り、それは偽者だと思い出す。
翠鈴はヴェルンハルトたちの所為で亡くなった。
彼女の残留思念で作り上げたのがラピスだという。
ヴェルンハルトはラピスを連れて姿を消してしまう。

ヴェルンハルトの指示でラピスが去り際に残した斬撃により、都庁は崩壊してしまった。
マスコミには爆破事故として発表すると言う霧香。
和麻は綾乃たちを助けた後に姿を消した。
既に新たなパンデモニウムが出現し、力を授かった内海は脱獄していた。
真っ先に狙うであろう七瀬には護衛をつけてあると霧香は言う。
ヴェサリウスことヴェルンハルト・ローデスは、アルマゲストの評議会議長だった。
西欧を中心とし、近代魔術の最高峰と謳われる魔法結社アルマゲスト。
アルマゲストは和麻に恨みを抱き、そこには翠鈴も関与していると言う霧香。
翠鈴の存在が、今回の事件に重大な意味を持つ。
重悟は事の顛末を語るように霧香に依頼する。
又聞きの話だがと断りながらも、彼女は語り始める。
始まりは4年前、和麻がコントラクターになる前のこと。

その頃、和麻は翠鈴の家に厄介になりながら便利屋として働いていた。
飲食店をむ営む翠鈴を手伝ううちに、荒んでいた心も癒されていった。
力がなく、そのために放浪を余儀なくされてたどり着いた今。
和麻はいつの間にか、力を求めることを忘れていた。
ありのままの自分を見てくれる人が傍にいるから。
小さく平凡でも、かけがえのない生活。
和麻は翠鈴の傍にいて、ずっと彼女を守ると誓った・・・。

月夜の中、和麻はヴェルンハルトへの復讐を誓う。
彼が作り出したもの全てをも巻き込んで殺すことを。



〈感想〉
敵が初めから和麻を発狂させる気があったのかどうかはともかく、光る紅目は怖いです・・・。
どうみても綾乃より翠鈴のほうが恵まれているのは分かりますが、どうなることやら。
とは言え、ポジション的に和麻を止められそうなのは綾乃しかいないんですよね。
仮に和麻・綾乃間に絆とか繋がりが我々に感じられないとしても(笑)
これ、状況が違ったら(綾乃がいなかったら)ラピスが翠鈴の意識を取り戻して云々。。。とかになっていたかもしれないですね。
昔の女はひとまず置いといて・・・みたいのだとあまり綺麗ではないかなと(^^;

次回あたりで翠鈴がどう亡くなったのか明らかになるんでしょうか。
どうもアルマゲストが絡んでいるようですが。
しかし「力なんてどうでもよくなった」はずの和麻がコントラクターという「絶対的な力」と手に入れるとは何という皮肉でしょうね。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/535-5ef21238
【2007/08/30 19:36】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。