スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:魔法少女リリカルなのはStrikerS 第21話『決戦』

 2007-08-26
ヴィータ死ぬかも、なのでしょうか・・・?
〈今回のあらすじ〉
無限書庫内にある聖王のゆりかごの記述を調べ上げたユーノ。
それによればはるか昔からロストロギアとして扱われ、アルハザードからの流出物である可能性もあるという。
もし軌道上に出てしまえば次元超越も可能となり、文字通り禁忌の力になる。
ゆりかごを止める方法は聖王か駆動炉を止めることだった。

ゆりかご内部に突入したなのはとヴィータ。
同じ頃、フェイトとシャッハはスカリエッティのアジトへ、フォワード陣は市街地へと向かっていた。
地上本部制圧を防ぐための足止めとギンガ確保を任務としていたフォワード陣。
だがナンバーズの作戦通り、分断を余儀なくされてしまう。
ティアナは二人を相手に、スバルはギンガと、キャロとエリオはルーテシア、ガリューと戦闘状態に。
ティアナは作戦方針を修正し、倒すことではなく足止めを優先させる。

人体実験の素体を数多く目にすることになってしまったフェイトとシャッハ。
彼女たちもまた二手に分かれざるを得なくなってしまう。
ここに来たのは帰還か、それとも反逆かと問うナンバーズ。
そのどちらでもなく、「犯罪者の逮捕」とフェイトは答える。

駆動炉と聖王の玉座は真逆方向。
そのため、なのはとヴィータは別行動に。
ヴィータの疲労を案ずるなのはだが、「砕けないものはこの世にねえ」と強気なヴィータ。

ティアナはさらにもう一人の加勢を受け、3対1という状況に置かれてしまう。
片足を負傷したティアナの脳裏に浮かぶのはスバルの姿。
“一緒に行こう。夢を叶えに。”
スバルのその言葉に励まされ、再び戦意を取り戻すティアナ。

キャロはルーテシアの目的を知ろうと説得に及ぶ。
一方、ゼストとアギトはシグナム・リインと衝突。
「レジアスに会いに行くだけだ」と言いそれ以上は語ろうとしないゼスト。
対するシグナムは「言葉にしなくては譲れる道も譲れない」と言い、そのまま戦闘状態に。

消耗こそすれ、駆動炉を制圧できると思っていたヴィータ。
だが彼女を気配なく背後から襲う影があった。
それは以前、なのはを重症に追い込んだ敵と同じタイプだった。
ゆりかごが軌道上に到達するまでは、残り2時間16分・・・。



〈感想〉
ものの見事にバラバラになってしまいましたね。
特にティアナが酷すぎですね。
戦闘はフェアじゃないのが普通なのかもしれませんが、これはさすがにイラついて仕方ないです(^^;

フェイトとなのはに対してはやてがあまり出てこないのが不憫です。
部隊長という立場上仕方ないのかもしれないですが、どうせなら一緒にドンパチ派手にやってほしいところなんですけどね。
ユーノも出番があったのはいいんですが、中の人はどっちかと言うとヴィヴィオとかナンバーズが中心ですし(笑)
アルフもいつの間にかあんなに小さくなってしまって・・・。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/532-37b50224
【2007/08/27 01:36】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。