スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:瀬戸の花嫁 第18話『肉体の門』

 2007-08-06
修学旅行といえばフラグ発展でしょうか(笑)
〈今回のあらすじ〉
「言うのをすっかり忘れてた」という豪三郎。
なんと明日から修学旅行だという。
あれよあれよと京都に行くことになってしまった永澄たち。
新幹線の中、燦は入浴のことについて永澄に相談する。
「修学旅行もこなせないなら、やはり故郷の海に帰すしかないな」と明乃。
燦について来た巻は、邪魔な明乃を始末しようとしていた。

留奈が仕事で休み、明乃とサル、そして海というなんとも空気の重い3人。
「私に構わず楽しんだらどうだ」と明乃は言うが・・・。

市内観光をする生徒たちだったが、一人で行動していた明乃が気になった永澄。
仕事柄、全国を転々としていた明乃。
友人も少ないが、時には親切にしてくれるクラスメイトもいた。
「親切な人間は好きだ」と言う明乃。
永澄が燦の関係者ということでつい疑ってしまう自分を「職業病だな」と自嘲する。
殺気を感じ取った永澄。
その先には巻が潜んでいた。
狙われた明乃を身体をはって守る永澄だったが、流れ弾が明乃の足当たってしまう。
何事もなかったかのように足についた水をふき取る明乃。
だが人魚本来の生理現象は抑えられず、必死にヒレに戻らないようにと耐えようとする。
騒ぎを聞きつけた巡たちがやって来て巻は去っていくが、永澄は明乃を陥れようとしたと誤解されてしまう。

「私の信頼を裏切った」と永澄の言葉を聞こうとしない明乃。
巻から事の次第を聞きだした燦は、永澄だけは信じて欲しいと頼む。
とりあえず、明乃は誤解を解くことに。

隣の女風呂から漏れ聞こえてくる声に興奮する男子たち。
だが「風呂のマナーを教えてやる」と言う海は、宇宙服のまま・・・。

「試験だというなら合格すればいい」と明乃を始末しようとした巻を叱る燦。
それだけの覚悟があるなら、と明乃は燦を風呂に連れて行こうとする。
たまたま廊下で二人の会話を聞いてしまった永澄と巡。
「不知火さんってそういう人だったの!?」とあらぬ誤解をしてしまう巡。
巡にとって、同性愛交友は許せないらしい。

燦と明乃の風呂場を覗こうとする巡。
永澄は「愛には色々な形がある」と誤魔化すのに必死。
それだけでは止まらない巡に、「俺だけを見てくれ」と言ってしまう。
告白かと勘違いしてしまう巡だったが、風呂の中から聞こえた燦の声に気をとられてしまう。
不純同性交友を止めようとする巡を何とか引きずり出した永澄。
その瞬間、我慢の限界に達した燦と明乃は人魚に戻ってしまう。

人魚に戻らないための特訓だったと理解した永澄。
一刻も早く戻ろうとする巡だが、「俺に免じて退いてくれ」と言われてあっさり諦めてしまう。
永澄の“告白”の真意は聞けないままだった。

「今日のことで懲りただろう」と、永澄と燦を引き離そうとする明乃。
永澄の命は特例で保護できると明乃は言う。
だが、一度立てた誓いを守り抜くためにそれを拒む永澄。
昼間のことを謝ろうとする永澄だったが、明乃はもうそれが誤解だと知っていた。
「明日からはヘマをするな」と、どこか微笑んで言って、明乃は部屋に戻っていった。
その頃、巡は永澄のことを考えて悶々としていた・・・。



〈感想〉
修学旅行といえばよく恋愛が絡みますが、ありゃ絶対二次元上での出来事ですね(あくまでも私の経験談では・・・)。
というわけで明乃からの評価アップと巡フラグ強化となりました。
どんなにテンパっても「俺だけを見ろ」とは言わなさそうですがね(笑)

あそこまで行ったら絶対に誰か女風呂覗きでもしそうだなーと思っていたら、宇宙服での風呂と来ましたか。
お決まりはあえて封じて新たな笑いを取りにきたんですかね?

次回もまだ修学旅行らしいですね。
ここ2回ほど出演していなかった留奈も登場ということで、また騒がしくなりそうですね。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/501-eaefe839
  • 瀬戸の花嫁 第18話【おちゃつのちょっとマイルドなblog】
    瀬戸の花嫁第18話、「肉体の門」。突然の修学旅行で京都へ。しかし燦は人魚なため風呂のことが気がかり。もちろん明乃も同行、人魚試験は続いており...といった内容。原作コミック未読です。豪ちゃんノリノリの修
【2007/08/09 22:10】
  • (アニメ感想) 瀬戸の花嫁 第18話 「肉体の門」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    瀬戸の花嫁 第2巻 初回限定生産盤修学旅行へ出発することになった永澄達。しかし、人魚である燦は皆でお風呂に入らなければならないからと、不安な表情を覗かせる。しかも、修学旅行中も明乃の人魚試験は絶賛続行中・・・。さらに、ちゃっかり巻も燦に同行していており・...
【2007/08/11 16:19】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。