スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

時事:「履修漏れ」に関する考察

 2006-10-30
「履修漏れ」、マスメディアじゃ大変な話題になっていますね。
今回は、私なりの考えを述べたいと思います。
たまには真面目な話でもしないと・・・ってことで、興味のある方はご覧になってみてください。
 実際に調べてみると、かなりの都道府県で(というか全国どこでも?)、それも結構前から起こっていたようですね。私の卒業した高校はどうなんでしょう(汗)
一応、世界史と日本史は取りましたが、世界史は全体の1/3くらいしか教わってない気が・・・。(かなり変則的なカリキュラムでしたから)

 それはともかく、何が問題って、やはり「学歴社会」でしょうね。大学の偏差値・知名度がその後のコースを決める要因になっていく、という。
企業はおおっぴらには言いませんが、大学名に割とこだわっているんじゃないですかね?
うちの大学の就活セミナーで聞いた話ですが、大学名で「履歴書ないしエントリーシートを落とす」というの、やっている所もあるようで。そのときのセミナーの講師は、「皆さんの(=私の通っている大学の)場合は大学名で落とされる事はありませんから」って言っていましたけど、「そんなこと言っていいのかよ」って、結構複雑な気分でしたね。
 世界史にせよ日本史にせよ地理にせよ、「知っていたからって何なの?」ってことを、本当はみんな良く知っているんですよね。
「いや、地理も歴史も必要なんだ」と言うのなら、詰め込み式の受験なんかやめてしまうこと。
そうでないなら、「必修」の基準を見直すこと。そのくらいしか解決法なんかない気がしますね。
とにかく、今の「受験重視」のままじゃ、歴史2教科or歴史1・地理1なんて物量的に無理です。
私としては、こんな無意味な(と勝手に思っていますが)「教養主義」なんて無くていいと思っているんですがね・・・。

長くなり申し訳ありません。本日はこのくらいで。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/5-42eb1349
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。