スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:魔法少女リリカルなのはStrikerS 第18話『翼、ふたたび』

 2007-08-05
ここにきてOPも変更ですか。
あと残り10話もないですけどね(^^;
〈今回のあらすじ〉
深刻な被害を受け、混乱冷めやらぬ地上本部。
レジアスは「何故こんなことになっている」と声を荒げるが、すでに“あの男”とも連絡が取れず、研究所も放棄されていたという。
「ここまで重用してやったものを」と悔しがるレジアス。
彼の秘書官・オーリスに面会を求めるはやて。
事後処理に負われるオーリスは、後ほど連絡を入れると言う。

シグナムが現場処理を代わってくれたこともあり、病院へと向かうティアナ。
同じく現場対応に追われていたなのは。
ヴィヴィオが持っていたぬいぐるみを見つけてしまい、意識しないようにしていた心の傷が開いてしまう。

主力が出払っていたため甚大な被害を受けた六課の後方スタッフ。
リインもまた、ヴィータを守ったことによって相当なダメージを負っていた。
「神経ケーブルがまだうまく動かせない」と、機械音をさせながら動くスバルの左腕。
スバルの身体のことは、これまではティアナの判断でエリオやキャロには話していなかった。
ギンガも十分に蘇生は可能な状態と思われ、“タイプ0を回収”と言っていたナンバーズからしても、取り戻すチャンスはある。
六課の任務がレリック調査からスカリエッティ追跡に変更される予定だと伝えるティアナ。
奪われたものを取り戻すために・・・。

事の発端、戦闘機人に関してゲンヤから話を聞くことになった。
ルーツは人型の戦闘機械。
様々な世界で開発されたそれは、あるとき急激に進化を遂げた。
遡ること25年前、素体である人体を改造することで、様々な問題が解決された。
予め機械の拒絶反応が起きないように調整されて生まれてくる命。
それを生み出したのがスカリエッティだった。
11年前、ゲンヤの妻は戦闘機人を追っていた。
スバルとギンガは、彼女が任務中に保護した戦闘機人の実験体だった。
子供のいなかったナカジマ夫妻は、二人を受け入れることにしたという。
だがその後、ゲンヤの妻は極秘任務中に死亡。
事件の詳細を追跡しようにも、残された娘たちのために断念せざるを得なかったゲンヤ。
六課の任務に戦闘機人が絡むだろうと予期したはやては、それ故にゲンヤに協力を依頼したのだった。

オーリスと面会の時間を得ることができたはやて。
戦闘機人も人造魔導師も、かつてレジアスが推進しようとした技術。
倫理的問題は度外視し、量産のための計画を進めていたのではないかと問うはやて。
スカリエッティは、文字通り最適な存在。
戦闘機人技術を地上本部が取り押さえて確保できれば、押収した物証として試験運用も可能になる。
さらには、それに気付いてしまった捜査官を秘密裏に抹殺することも、レジアスなら出来たのではないか・・・。
「妄想だ」と一蹴するオーリス。
彼女は“闇の書事件”を持ち出し、はやてを黙らせようとする。
過去から目を背けるつもりはなく、隠された真実を白日の下にさらすのが今の任務だと言うはやて。
調査がしたいなら、許可証なり令状なりを持ってきてからだとオーリスは言う。

レジアスへの緊急査問が決まった。
このまま“あの男”の手の上で踊ってやるつもりはないと声を荒げるレジアス。
彼は部下から報告されたゼストの映像を見るなり、態度を変えて驚愕する。

一度は死に、再び土に還るまでのわずかな時間を生きるだけのただの“死者”でしかないと言うゼスト。
その頃ルーテシアは、スカリエッティの研究施設にいた。
彼女の目的は、カプセルに入った母親に適合するレリックを見つけ、蘇生すること。
蘇生できた時、ルーテシアにも心が生まれると、スカリエッティは言っていた。

破壊された六課の本拠地として、廃艦寸前だったアースラを再び使うことにしたはやて。
クロノの協力もあり、ヴェロッサはアースラの修理を開始していた。

母親代わりとして守ると約束したにもかかわらず、ヴィヴィオの傍にいられなかったと悔やむなのは。
今すぐ助けに行きたくても行けないもどかしさに苦しむなのは。
ヴィヴィオはスカリエッティの実験材料として、レリックを埋め込まれようとしていた。
彼の“最高傑作”となるために・・・。



〈感想〉
スカリエッティの飼い主はレジアスでしたか。
まあ意味なく出しゃばれる人ではないとので、何か関係あるだろうなとは思いましたけどね(^^;
それにしてもナカジマ母娘は似すぎでしょう。
「髪の色が似てたから」なんて意味深な伏線(かどうかも分かりませんが)作らずとも・・・。

あと回収されていない伏線はゼストとレジアスの関係性くらいですかね?
死者に何らかの改造を施して魔導師として蘇生させたみたいですが。
「よくもこんな身体にしやがって(怒)」というところでしょうね。
それにしても、どうやってレジアスの罪を暴くんでしょうね。
どう見ても知性派に見えない(笑)ですが、それなりにバレない様にやっていると思いますけどね。

ルーテシアも母親をある種“人質”にされている感じですね。
レリックを埋め込むならやっぱり人造魔導師・・・。
あれ、「母親だと思わせるために作った人形」とかじゃないといいですけど。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/496-f38b45bb
【2007/08/05 16:36】
  • 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第18話「翼、ふたたび」【SERA@らくblog】
    奪われた物は奪い返す! 助け出す! 全部よ――!大事なものを奪われ、傷つけられた…再び取り戻すために機動六課は動き始める――。集うのは甦った翼――アースラ!新OPの扱いを見る限りスバルが、なのはと並ぶ
【2007/08/05 17:54】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。