スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

オタクの語る就活 第1回

 2007-08-04
大げさに言えば「就活についての心構え」ですが、そんな大それたもんじゃないです(汗)
さて、時期的には今現在で大学3年の方が就活を始めたり始めなかったりする時期でしょうか。
私はだいたい8~9月ごろがスタートだったと記憶しています。

今にして思えば、あの後あんなに苦労するとは・・・と言った感じ(笑)
今回はとりあえず、就活して思ったことを書いてみたく思います。

何といっても、「就活=いろいろと理不尽なもの」でしょうかね。
もちろん悲喜こもごもあるわけですが、とりあえずそう思って楽に構えるといいと思います。
もちろん、そのためにやらなきゃいけないことも多いんですけどね。

まず第1には、就活の時期と大学の期末時期がかぶること。
大学3年の後期試験なりレポートなりがありますよね。
個人差はありますが、この時期は就活も本格化してみんなバタバタ動いている期間です。
そんなもんだから家にいれば試験にレポート、外に出ればスーツで就活・・・といったことも十分にありえるんですよね。
「何でよりによってこの時期に・・・」と感じられる方も多かろうと思いますが、残念ながらそんなもんなんです。
今の日本では・・・。

第2には、どんなに誠意を尽くしても選考に落ちることもありえる、ということ。
おそらくこれから就活する方は、各種就職サイトなり大学の就職支援課なりからあれこれと指導を受けると思います。
やれエントリーシートはこうしろ、面接のときはああしろ・・・。
ですがどんなに上達しても、時には落ちることもあります。実際に。
まあ経験談なので負け惜しみかもしれないんですが、おそらくいるんですよ。
何がといいますと、面接の下手な面接官・・・。
面接官は人を見るプロとよく言われますが、必ずしもそうではないらしいです。
それに会社によって重視するポイントも違うので、落ちても気にしないのが一番です。
とは言っても落ちるとやっぱりヘコむんですけどね。
適正(性格)診断を重視する会社もあれば、あくまでも判断材料の一つなところもあります。
もし落ちても、「よくも落としやがって。こっちから願い下げだ」くらいでいいんです(笑)
でも誹謗中傷はヤバイので別な方向でストレス発散を。

実際問題、頑張って最終面接までこぎつけてもそこで落ちることもあります。
私も2~3回はありました(^^;
ですが捨てる神あれば拾う神ありということで、どこかで余裕を持って望むのがいいんじゃないでしょうか。
私の経験だと、もともとの第1希望なんて早いうちに変わってて、その後も何度も変わってました。
就活前は思いもしませんでしたが、意外といい会社はたくさんあります。
なので、是非とも途中で投げ出して適当に決めないで欲しいんですよね。
えらいお節介ですが、いい会社も多い代わりによろしくない会社もありますので・・・(苦笑)

なんか根性論みたいな感じになってしまいましたが、とりあえず今回はここまでで。
就活をされる皆様に幸多きことをお祈りして。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/494-a7f64f5f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。