スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:風のスティグマ 第16話『父と子と』

 2007-07-30
またギャグ回ですか。
そろそろちゃんとした話をやってくださいよ(苦笑)
〈今回のあらすじ〉
CMでも有名な“丸投げ温泉”にやって来た和麻たち。
綾乃の友人・由香里がテレビ番組のプレゼントクイズで温泉旅行を当てたのだという。
「なんて番組?」と聞かれ、返事に窮する由香里。
とっさに返すものの、煉はそれを心配そうに見ていた。

由香里と七瀬は、綾乃の親友ということで重悟に呼び出されていた。
「お願いがあるのです」と丁寧にいう重悟。
一生に一度の頼みということで、綾乃と和麻を温泉に連れ出すことになったのだった。
和麻は何も聞いていなかったが、この旅行が重悟の計画だと気付いていた。

“男と女と温泉”という最高のシチュエーションを用意したと満足する重悟。
「これからのこともある」と厳馬にも教えようとする重悟だが、その厳馬も丸投げ温泉に行ったという。
因縁のある親子ということで「違う間違いが起きそうだ」と頭を抱えてしまう重悟。

綾乃たちがスパを満喫している間、一人で露天風呂に向かった和麻。
そこには偶然にもキャサリンがいた。
とうとう父である厳馬と出会ってしまった和麻。
真に実力が上なのはどちらかでいがみ合う二人は、その場で殴り合いを始めてしまう。
「料理が冷めてしまいます」と厳馬を呼びに来た霧香。
和麻も料理が冷めるのは嫌らしく、ひとまず勝負を預けることに。

食事の後、「行ってくる」と部屋を出た和麻。
殴り合いで汗をかいたから風呂に入りなおすのだという。
考えることは向こうも同じ。
煉たちが行ってみると、和麻と厳馬はまた殴り合いをしていた。
それを止めたのは、「お風呂は11時までだそうです」と言う霧香。
和麻も厳馬も汗を流したいため、またも勝負を預けることに。

それでも腹の虫が治まらない二人。
一方、綾乃たちはキャサリンと出会う。
“混浴”の意味がまるで分からないキャサリンと、混浴と聞いて動揺する綾乃。
とりあえず優位に立ったと判断したキャサリンは、「和麻のことをないも分かっていない」と綾乃を挑発する。
隣ではまたも殴り合いを始める和麻と厳馬。
煉は、これが二人のコミュニケーションの仕方なのだと気付く。
「どうせ誰にも止められないし」と諦める綾乃。
とうとう厳馬の腹に拳を叩き込み、蹴りを入れた和麻。
厳馬に手を差し伸べるのかと思いきや、さらに一撃を入れてしまう。
失望して和麻を責める綾乃。
その隙に「相変わらず詰めが甘いな」と不意打ちする厳馬。
「お前ごときいつでも葬れるが、これ以上はホテルに迷惑」と、厳馬は去っていく。
すでに十分迷惑なことに、彼は気付いていないらしい・・・。

「昔は(父親に)敵わないと思ってた」と綾乃に言う和麻と、「(和麻は)まだまだ未熟者です」と霧香に言う厳馬。
まるで示し合わせたかのように、二人はまた風呂に向かう・・・。



〈感想〉
面白いのは事実ですけど、作風がどんどん変わってますね(笑)
修理費はまた宗家が負担するんですかね。
重悟の祈りも通じず、穏便には済みませんで。
何という子供じみた親子でしょう(^^;

次回はまたタイトルからして怪しいもんですが、予告を見る限りだとそうでもないような気配。
そろそろ本編もやらないとギャグアニメとして定着してしまいますよ・・・。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/483-43a9af58
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。