スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話『その日、機動六課(後編)』

 2007-07-29
完璧にしてやられてしまいましたね。
今回も色々と情報量が多いです(汗)
〈今回のあらすじ〉
ゼストとの戦いに挑むヴィータ。
「納得できる内容なら話を聞く」と説得するが、当然何も語ろうとはせず目的のためだけに動くゼスト。
アギトとの融合を解き、“フルドライブ”で倒すとゼストは言う。
命を削るフルドライブは使わせないと、融合を続けるアギト。

キャロのエナジーブーストによって無数の幻影を生み出し、ナンバーズを撹乱するティアナ。
幻影の中を駆け、攻撃を加えるスバルとエリオ。
隙を見出したティアナは、フォワード陣全員に脱出を指示。
ナンバーズの追撃もなく、見事になのはやフェイトと合流する。
預かっていた隊長陣のデバイスの引き渡しには成功。
だがスバルは、ギンガとの連絡が取れないことに焦る。
六課本部が襲撃を受けていると知ったフェイト。
スターズはその場に残り、ライトニングが六課に戻ることに。

六課隊舎の守りは、実質シャマルとザフィーラのみ。
ナンバーズの足止めを食らうライトニング。
フェイトは、エリオとキャロを先行させることに。

管理局の防衛網が戻ってきたことを受け、ゼストは撤退を決める。
リインに対抗心を抱くアギトは、ヴィータに猛攻を仕掛けようとする。
アギトに向かうヴィータを“フルドライブ”で抑えるゼスト。
ゼストの攻撃によって、グラーフアイゼンは砕かれ、リインも気を失ってしまう。

ギンガ救出に向かうスバル。
なのは、ティアナよりも先行したスバルが見たのは、血まみれになって気絶したギンガの姿。
スバルは自分でも制御できないほどの力を解放し、激情に任せてナンバーズを圧倒する。
だがギンガは連れ去られ、マッハキャリバーも疲弊し破損してしまう。

六課隊舎を守っていたヴァイス。
震える腕を押さえながら何とか魔法射撃を行うが、そこに現れたのはルーテシア。
その幼い身形に、かつて誤射してしまった少女を見てしまうヴァイスは、ルーテシアによって倒されてしまう。
ルーテシアは易々とヴィヴィオを奪っていく。

かつてプロジェクトFの一環でクローンとして生まれたエリオ。
親元から一方的に引き離される辛さを知っていたエリオはヴィヴィオを取り戻そうとするが、ナンバーズに阻まれてしまう。
さらにキャロにもバインドがかけられ、全く身動きの取れない状態に。

スカリエッティはプロジェクトFの基礎を築いた、いわばフェイトやエリオの親とも言える人物だった。
断じてスカリエッティには協力しないと言い切るフェイト。
「次は私たちには勝てない」と言い残し、ナンバーズは去っていく。

さらに施設に破壊を加えようとするガジェットの群れ。
自分たちの居場所を守るべく、キャロはヴォルテールを召喚しガジェットを破壊する。

技術発展に寄与しながらも、管理局の都合で圧迫され、罪に問われた技術者たちの恨み。
それを晴らすべく攻撃を加えたと宣言するスカリエッティ。
敵を制圧するこの技術が欲しくば、格別の条件で提供しようと高らかに笑う。
「まだ六課は終わっていない」と、はやては決意を新たにする。



〈感想〉
上手いことやられてしまいましたね。
ナンバーズ11人もいれば完全に戦力分散できちゃいますからね。
当初目的のヴィヴィオに加えてギンガもしっかり持っていかれてしまって。

「もう一機のタイプ0」ということで、タイプ0というのはナカジマ姉妹でしょうね。
スバル、まさかサイボーグだったとは・・・。
前々回(でしたっけ?)にナカジマ姉妹の健康診断がありましたが、しっかりと伏線だったわけですね。
「何でだろう?」とは思ったのですが、ここまでは予想できず(^^;

前回の感想にも書きましたが、ヴァイスはもう伏線回収されてしまいましたか。
ヘリパイロットという言わば「降格」みたいな立場に甘んじているのは、昔のトラウマから。
機械・物体ならともかく、彼は少なくとも人はもう絶対に撃てないんでしょう。
これを克服するかどうかは微妙な所ですが・・・。

エリオがサンダーレイジを使えたのは「燃え」ですが、唐突に「クローンでした」と言われただけで経緯はまだ分かりませんね。
こうしてみると、新人4人で「普通に」生きてきた人っていないんですよね。
皆何かしらの因縁があって、スバルにいたっては戦闘機人がらみで母親を失って、しかも自分まで戦闘機人(ですよね?)・・・。
もし戦闘機人が「ありえてはいけない生の形」なら、スバルはいずれ死ななければならないということに。
鬱さ具合では「なのはシリーズ」史上最大なんじゃないでしょうか・・・。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/480-30d689ac
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。