スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:ながされて藍蘭島 第11話『ひゃっこくて、氷とり』

 2007-06-14
ゆきのの母登場。
〈今回のあらすじ〉
いつもは嫌がるはずの行人と風呂に入った夢を見たすず。
寝ぼけて一晩中ずっと水がめに入っていたらしく、風邪をひいて寝込んでしまう。
行人は氷嚢に入れる氷を取りに行くことに。

山の中にある洞窟に氷を保存してあると聞いてやってきた行人。
行人はゆきのの母・かがみに出会う。
さっそく氷を持って帰ろうとするも、氷は全部かがみがカキ氷にして食べてしまった後。
仕方がないので、島内で一番高い“富士山(ふじやま)”の山頂の雪を取りに行くことに。
山頂は雪の降り積もる、下界とは全く違う世界。
「雪だけが目的ならわざわざ山頂まで来なくてもよかった」と今更ながら気づいた行人。
ゆきの、かがみ、その他動物大勢に雪玉を投げられる始末。

吹雪が強まってきたから下山は無理と言われても、「すずが待ってる」と山を下りようとする行人。
ゆきの達を残して一人山を下り始めるが、途中で荷車を残して崖から落ちてしまう。
すずとカキ氷の早食いの夢を見て、危うく眠りそうだった行人は目を覚ます。
内心すずに感謝しつつ、荷車を取りに戻ろうとする。
そのとき山頂から転げてきたのはゆきの達。
あまりの寒さにうっかりくしゃみして、雪崩と一緒に落ちてきたのだった。

取り急ぎ抱えられるだけの雪を持って家に戻ろうとする行人。
かがみの言いつけで、たかたかに家まで送ってもらうことに。
ようやく帰ってきた行人だが、すずはもう治った後。
疲労困憊と気温差のせいで、今度は行人が寝込んでしまうのだった。


〈感想〉
そんなわけないよな~と思ったんですよ。
お姫様抱っこして風呂に入る人がいるわけないですから(笑)

最近オババの姿が見えないと思ってたら、今回やっと出てきましたね。
最初の方と最後の方だけでしたが。

そしてあやねは今回も良い様にこき使われ、そして忘れ去られていくのですね。
今回はもんじろーも巻き添えでしたが。
わら人形でモールス信号じゃあ、解読する前に気絶しそう(^^;

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/397-96aba393
【2007/06/14 19:52】
  • ながされて藍蘭島 第11話 「ひゃっこくて、氷とり」【SERA@らくblog】
    ゆきののママとあそぼう(違)こんな母親だから、ゆきのはしっかり者になったんですね(^^;どっちが親なのかわからない、かがみママ登場です。あやね&まちも出てます(笑)▼ 第11話 『ひゃっこくて、氷とり』
【2007/06/16 08:43】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。