スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:武装錬金 第7話『もし君が偽善と疑うのなら』

 2006-11-16
新たな戦いの始まり。
“完全変態したあの男”も帰ってきます(笑)
〈今回のお話〉
 蝶野攻爵との戦いで多くの命を失わせてしまったことを悔やむカズキ。
そんなカズキに、「偽善だと疑うなら戦い続けろ」という男が。
それは、錬金の戦士の長、キャプテンブラボーだった。
斗貴子は次の任務活動がしやすいよう、カズキと同じクラスに転入してくることに。
 一方、死んだと思われた攻爵は生きていた。
それを成したのは、攻爵の曽祖父。錬金術の研究によって不死身の肉体を持った人物であり、超常戦民同盟(LXE)のリーダー格。
 寮に新しい管理人がやってきた。斗貴子は一目でそれが戦士長であると直感する。
100年前、錬金の戦士でありながらホムンクルス側についた人物がいた。その裏切り者と繋がりのあるLXEの捜査が次の任務。
戦うことを決断できないカズキ。そこに攻爵からの電話が入り、会いに行くことに。
攻爵・カズキ双方とも戦闘は不可のため、「今回は戦線布告にきた」と攻爵。
 その後、現れたホムンクルス。人型で、かつ先に送り込んでいた錬金の戦士の核鉄を使ってくる。
カズキは戦闘を仕掛けるも、全く太刀打ちできない。
斗貴子・カズキが二人がかりでも勝てないと判断した戦士長は、自ら戦うことを決断。
メタルコートの武装錬金と拳だけで、敵を消滅させる。
大切なものを守るため、再び戦うことを決意したカズキ。
そんなカズキに戦士長は特訓の開始を宣言した。


攻爵、もう会う事はないだろうと思っていたのですが。復活してしまいましたね。
真殿光昭もすっかり変態キャラが板について(笑)
攻爵といいキャプテンといい、面白い人たちばっか。
斗貴子さん、「キャプテンの素顔は見たことない」みたいなこと言ってたのに、直後におもいっきり素顔さらしてましたけど。
あと、和月伸宏が出てたようですが、どのキャラだったのかよく分かりませんでした。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/39-a3f171f3
  • (アニメ感想) 武装錬金 第7話 「もし君が偽善と疑うのなら」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    ドラマCDシリーズ「武装錬金」蝶野との戦いを勝利することが出来たカズキ。しかし、どこかやるせなさを感じ、カズキの心は迷い続けていました。そんなカズキに、キャプテンブラボーは次の戦いが間近に迫っていると話し、錬金の戦士にスカウトします。揺れ動くカズキの心....
【2006/11/17 01:45】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。