スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:瀬戸の花嫁 第10話『鋼鉄の男』

 2007-06-04
永澄にはもう日常は戻ってきませんね(笑)
〈今回のあらすじ〉
目覚めるとそこにはイカツイ巨漢がいた。
慌てて部屋を飛び出す永澄。
学校で話してみても、誰も信じてくれない挙句、幻覚とまで言われてしまう。
ふと窓を見ればまたもや当の巨漢が、ガラスを息で曇らせて“ルナ命”と書いて去っていく。
ところが誰もそれを見ておらず、ガラスの曇りも消えていた。
再び哀れみの目で見られてしまう永澄。

関係者以外立ち入り禁止、と男に詰め寄るシャーク藤代。
男は藤代のジャージに興味を持ったのか、あっさりと彼を打ち破ってジャージを剥ぎ取っていってしまう。

保健室にいる燦の母・蓮に話しても、やはり信じてもらえない永澄。
ベッドで休んでいると、その下から再び姿を現す男。
慌てて逃げ出し、偶然であった海に助けを求める永澄。
わけも分からないまま、二人は男に追い回される羽目に。
男にバズーカを放つ海だったが、全くの無傷。
さらに衛星からレーザーをあててみても、壊れるのは校舎だけで男には通用しない。
危機一髪で永澄を助けに来た燦だったが、男はハウリングボイスの発動を封じるほどの手練。
豪三郎が割って入り、男と力比べになってしまう。
あっさりと豪三郎を倒した男は、「留奈とどんなつもりで同棲している」と問い始める。
再び立ち上がった豪三郎と戦い始めた男。
彼はなんと、留奈の父親だという。
結局のところ勝負は痛み分け。
「相変わらず無愛想な親」としか言わない留奈だが、永澄にとってはそんなものでは済むとは思えなかった・・・。


〈感想〉
これはまた濃いキャラが出ましたねえ(笑)
何か無言で追ってくるシーンは怖いはずなのに可笑しくて。
まさかこんなところに玄田哲章とは・・・。
オーディションではなくオファーだったんでしょうね。
カラオケボックスでの座り方がまた可笑しいこと可笑しいこと。
そういえばもう空席が残り2つですね。
まだ新キャラ出てくるんでしょうか。

それにしても、「どんなつもりで同棲してるのか」はちゃんと聞きたかったところではあります。
なんか尻切れトンボっぽかったのは痛かったですね。



スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/378-33e29b46
  • (アニメ感想) 瀬戸の花嫁 第10話 「鋼鉄の男」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤)朝目が覚めると、そこには黒タイツに身を包んだ、体格のいい男が佇んでいた。男は、永澄に警告する「中途半端な気持ちでルナに関わるのならお前をターミネイトする」と・・・。そして、男は消えた・・・。
【2007/06/09 19:44】
  • レビュー・評価:瀬戸の花嫁/第10話 鋼鉄の男【ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン】
    品質評価 33 / 萌え評価 15 / 燃え評価 20 / ギャグ評価 38 / シリアス評価 7 / お色気評価 3 / 総合評価 19レビュー数 84 件 ある朝、永澄が目覚めると、目の前に黒ずくめのマッチョマンが佇んでいた。留奈に関する警告を残して消えて行った謎の男の影に怯え、クラスの皆に
【2007/06/13 19:53】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。