スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:風のスティグマ 第8話『綾乃ちゃんの災難』

 2007-06-04
番外編というか閑話のようで。
〈今回のあらすじ〉
綾乃の通う聖陵学園に人魂が出るという。
強い意志がないから感じられなかった、と綾乃は言う。
学園からの依頼を受け、調査を引き受けた神凪重悟。
彼は綾乃に専属の護衛として和麻をつけ、二人で調査をするようにと言う。
最初は拒む綾乃だったが、「嫌なら特殊資料整理室に」と言われてしまう。
霧香に対抗意識を燃やした綾乃は、和麻と調査に乗り出す。

学園に着いた二人だったが、隠れていたのは綾乃の友人、久遠七瀬と篠宮由香里だった。
二人を帰そうとする綾乃だが、「なにかあっても二人がいるから」と帰ろうとしない。
校内に現れる人魂。
和麻でさえもその気配を察知できないと言う。
しきりに「帰れ~」と言ってくる人魂。
あれこれと理由をつけてみるものの、どうやら和麻はその人魂に攻撃してほしくない様子。
人魂の起こす怪現象にすっかり怯える綾乃たち3人。
和麻は「隠しているわけじゃないが確証がないだけ」と語ろうとしない。

風が裏庭に集まっているのを感じた和麻。
人魂の気配はあまりに自然で、気付くことができないという。
それは怨霊のような、この世の在り方を変えようとするものとも違うもの。
和麻の捕まえた人魂の正体は、風の妖精であるティアナだった。
老い先短い“老人”の最後の願いを叶えようとしていたティアナ。
その老人とは、裏庭に生えていた古い桜の木だった。
今ではもう花をつけることもなくなっていたその木に気脈から力を送ることで、再び満開の花を咲かせたのだった。

何かを守るためには、感づかれず見せないようにする方が賢明。
ティアナがあえてそうせず、生徒や綾乃たちをおどかしていたのは、何よりティアナ自身がからかって遊んでいたから。
それを言わなかった和麻も、同じように綾乃の反応を見て遊んでいたのだった・・・。


〈感想〉
今回も多額の報酬をもらう予定だったらしい和麻ですが。
重悟との関係は相当にきわどいバランスの上に成り立ってますよね。
和麻としては生まれ育った神凪家は放っておけない。
重悟としても協力はしてほしいが、和麻は表向きは神凪とは無縁の人。
更に昔の反省もあるかもしれませんが、それを繋ぐのは「多額の報酬」なんですよね。
どちらが大人、ということではなくて、互いに都合がいいのを承知済みだから現状のままなんですよね。
綾乃は「報酬がいいから」と聞いてあまりいい感じはしていなかったようですがね(^^;

本編のほうは・・・特に感じるものもなく終わってしまいました(爆)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/376-effb9792
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。