スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:ヒロイック・エイジ 第9話『帰還』

 2007-05-29
ようやっと一段落というところでしょうか。
ちなみに今回の放送、テレ東時間で40分遅れの罠は回避できましたでしょうか?
〈今回のあらすじ〉
パエトーに精神攻撃を仕掛けたことで、極度の疲労と精神衰弱に陥ってしまったディアネイラ。
それでも無理を押し、アルゴノートの進路を導く。
一方のアズ・アゾート艦隊。
アルテミアを集中砲火するための包囲陣の展開を開始する。

ベルクロスとレルネイアの死闘は未だ続いていた。
次第に押され始めるレルネイアを案じるユティ。
彼女は、艦隊との戦闘にあったアルテミアを向かわせる。

ベルクロスの奮戦と渾身の一撃に耐え切れず、ついに人の姿に戻ってしまったレルネイア。
アルテミアはカルキノスを拾い上げ、戦闘はせずに去っていく。

人類の作り出した偽装スターウェーを発見したアルゴノート。
本国へと帰還できるというクルーたちの喜びの中、「我々だけ戻っても」とエイジを案じ続けるイオラオス。

アルテミアが去ったことにより、生存者を収容しアルゴノートを追うアズ・アゾート艦隊。
アルゴノートを含め、あまりに多くの犠牲を払ってしまった人類。
イオラオスは、エイジを探すための部隊結成をモビードに具申する。
「敵を呼び込むことになりかねない」とあくまで慎重なモビード。
ようやく目覚めたディアネイラは、「私たちの進む道が、あの方を迎える道」とエイジを信じて待つことを決める。
流星のごとく現れ、アルゴノートが目指す“惑星デュイー”の海に飛び込んだもの。
それは、死闘をくぐり抜け、約束を果たすために戻ってきたエイジだった。


〈感想〉
3週あまりに渡った戦闘もようやく終わりましたね。
無事に合流できて何より。
アズ・アゾートも全滅は回避できて良かったかと。この手の話だと全滅も十分ありえたでしょうから・・・。

カルキノスはしばらくは動けないようですが、一応は生きてるようですね。
邪魔臭いとは思いますが、死なれちゃうのも何となく後味がよろしくないので。
ノドスも「エイジvsほか4人」という構図にはなってますけど、あまり敵という感じもしませんね。ユティを除く3人とはあまり戦ってほしくない、というのもありますが。
基本的に温厚(のはず)な人が多いので、あとは銀の種族の出方しだいかと。
現時点ではそういう関連の方向性はまだ出てませんけどね(^^;

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/362-3dcda0c1
  • (アニメ感想) ヒロイック・エイジ 第9話 「帰還」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    ヒロイック・エイジ I銀の種族に追い詰められたアルゴノート。しかし、ディアネイラの精神攻撃によってパエトーが戦線離脱する。一方、激しさを増すベルクロスとレルネーアの戦い。ベルクロスの猛攻に、レルネーアは次第に劣勢へと追いやられていく・・・。
【2007/06/02 02:27】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。