スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:英國戀物語エマ第二幕 第6話『成功と喪失』

 2007-05-27
ちょっとした昔話とこれから。
〈今回のあらすじ〉
ウィリアムが眠っている間に、夜明けの中トロロープ夫人の滞在するホテルに戻ってきたエマ。
夫人は、ウィリアムとの仲を看破していた。

母親がどこのホテルに泊まっているのかとグレイスに尋ねるウィリアム。
「急ぎの要件なら伝えておく」と言う彼女だが、ウィリアムは「自分で行かないと」と言い出す。
「婚約はなかったことに」と言うウィリアム。
トロロープ夫人ことウィリアムの母オーレリアは、ウィリアムが来るはずだと待ち構えていた。
エマはもう帰った、と言うオーレリア。
居場所はエマから口止めされていた。

かつて成り上がりの貴族だったリチャードと、地方出身の貴族の娘だったオーレリア。
二人は恋に落ち、やがて結婚し、子供たちが生まれた。
社交界のつながりも増え、上流階級への道を歩み始めたジョーンズ家。
そんな折、オーレリアは社交界に馴染めず、転地療養を余儀なくされてしまう。
リチャードは個人的な思いで反対しているわけではない、とウィリアムに諭すオーレリア。
相手は社交界そのもの。どうにもならないことを押し通してしまえば、必ずどこかに歪みが出ると言う。

ロンドンからハワーズに戻ったエマ。
ロンドンでのことは、いっそ夢にしてしまえばいい。
ハワーズとロンドンの距離が、きっとそれを叶えてくれる。
エマは以前にも増して仕事に精を出すようになっていた。
ところが運命とは皮肉なもの。
ドロテア夫人が、息子たちを連れてロンドンにあるタウンハウス(貴族の別邸)に滞在することが決まったのだった。
エマは再びロンドンへと向かうことに・・・。


〈感想〉
いくらなんでも婚約破棄はまずいのでは・・・。
だから修羅場になるとあれほど(以下略)
まあエレノアパパの様子ではエマとの一件がなくても破棄になったかもしれませんが(^^;

ところで、今回のサブタイトル、「成功と喪失」。
成功は社交界での出世、あるいはエマ・ウィリアムの再会。
喪失は・・・なんでしょう。
片方はエマ・ウィリアムの別離だと思いますが、もう一個は「社交界に捕らわれて束縛される人の心」
なんじゃないかとふと思いました。

正直あんな腹の探りあいみたいな黒い世界には関わりたくはないですね(汗)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/359-26ec4ad1
  • (アニメ感想) 英國戀物語エマ 第二幕 第6話 「成功と喪失」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    英國戀物語エマ 第二幕 1出会ってしまった二人・・・ウィリアムはエマの部屋で一晩を過ごした。しかし、彼が目覚め時彼女の姿はそこになく、すぐさまオーレリアのいるホテルへと向かう。だが、エマはすでにドロロープの元を立ち去った後だったのだ。エマよりウィリアムと...
【2007/05/28 02:13】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。