スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:sola 第7話『ハイイロノヨル』

 2007-05-22
恥ずかしくなると暴力を振るうお姉ちゃん(笑)
〈今回のあらすじ〉
依人の前から姿を消した茉莉。
時を同じくするかのように、繭子は辻堂の前から姿を消した。
夜禍との一件を話さなかったことが“家出”の原因、と察する辻堂。

茉莉が失踪してから一週間。
依人の前から姿を消した、ということはもうこの街にはいないだろうと言う真名。

茉莉が早く戻ってくるといい、と言うこより。
蒼乃は「本当に戻ってくると思うか」と尋ねるが、きっと戻ってくるはずだとこよりは言う。
茉莉は依人の家が好きだと言っていた。ここには“空”があるから、と。

茉莉との思い出の場所を歩く依人。
初めて出会った公園の自販機もいつの間にか無くなっていた。
家に帰った依人は、模様替えをしていた蒼乃とこよりを見る。
飾ってあった幾つもの空の写真を「片付けた」と言う蒼乃。
依人が茉莉のことを思い出さないように。辛い思いをしないようにと。
茉莉は出て行くとも言っていないし、別れを言ったわけでもない、と依人は口を荒げる。

他人に八つ当たりをしている、と悔やむ依人。
「勝手なことをした」と謝る蒼乃。
戻って来ないだろうとは、うすうす分かっていたと言う依人。
それでももし忘れ去ってしまったなら、二度と会うことはできないと感じていた。

茉莉が見つからないまま一ヶ月が過ぎた。
辻堂も繭子を見つけられず、彼は以前よく行っていたファミレスの前で彼女を待っていた。
学校帰りに出かけることにした依人と蒼乃。
あいにくの雨、と言う真名だが、蒼乃は「滅多にないいい天気」と言い真名を困惑させる。
「世界に色がある。夜は見ることのできない美しい世界」と感想を漏らす蒼乃。
立ち寄ったコンビニで、依人は茉莉と再会する。
追おうとする依人の手を取り、「行っちゃ駄目。行かないで」と懇願する蒼乃。
だがその手をほどき、依人は茉莉を追っていく。
“約束する。もう二人の前には現れない”。
茉莉が自分にした約束は図らずも破られ、蒼乃はショックを受ける。

廃屋の中、繭子と共にいた茉莉。
繭子を依人から隠し、「お願いだから帰って」と茉莉は言う。
それでも、“空を見せる”という約束を果たしていない依人は引き下がれない。
「帰ろう」と茉莉を抱きしめる依人。
滴り落ちるのは、茉莉の血。
茉莉の血がついたガラス片を握った依人の目には、光が宿っていなかった・・・。


〈感想〉
つくづく先の読めない展開。
情報も小出しなんで歯がゆいことこの上なく。

茉莉と繭子の接点はどこにあったんでしょうね。
どうも「無理矢理連れ去った」、という感じではないですけど。
秘密にしたい理由とかがあったんでしょうか。

あとは茉莉を刺しちゃった依人。
蒼乃が依人を操って・・・みたいな感じとも違う気配?
あるいは茉莉がわざとそうさせたとか。流石にそれは無いですかね。
もう一つ気になったのは、「この前でかけたのは何時だっけ?」が途中で遮られてしまったことですか。
中途半端に記憶を補填された、言わば“人形”みたいな感じがして嫌なんですがね(^^;

照れてチョップしたり蹴ったりする蒼乃姉さんに癒されたと思いきや、な方は多かったのでは?
これはもう完全なハッピーエンドは期待できませんかね・・・。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/349-ad605d0e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。