スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:アイドルマスターXENOGLOSSIA 第7話『ただいま。おかえり。』

 2007-05-20
ロボットでも傷付くことは嫌なのかどうか・・・。
〈今回のあらすじ〉
ネーブラによって、インベルは回収された。
あと一撃入れられればヌービアムにダメージを与えられたが、「インベルの回収が先」と指示された真は、やむなく従うことに。
治療は済ませたものの、未だ意識の戻らない春香。
彼女はヌービアムに襲われ、インベルが停止するという悪夢にうなされていた。

目覚めた春香は、あずさから“トゥリアビータ”という組織があり、アイドルを奪うべく動いていることを聞かされる。
インベル自体は守り通したものの、その機体に刻まれたあまりの損傷にショックを受ける春香。
「もっと上手く動かしていれば」と、後悔とインベルへの謝罪の念をにじませる。

インベルの修理は完了したものの、春香はインベルに乗ることを躊躇う。
再びグリップを握ろうとするが、すぐに手放してしまった春香。
春香は「インベルに嫌われた」と伊織に話す。
一度嫌われてしまったら、もう二度と振り向いてはくれない。
それはまるで、春香が両親に置き去りにされた頃のように・・・。

「私のせいで、あんな酷い目に」と悔やむ春香は、人知れず東京を後にする。
帰郷しても、実家に会わせる顔もない。
どんなに誤魔化しても、一人ぼっちであることには絶えられず、一人涙を流す春香。

突風と共に春香の目の前に現れたのは、伊織の思いと発破に応えたインベルだった。
インベルが起こした風に舞い上げられた一輪の花。
それはインベルから春香への贈り物だったのかもしれない。


〈感想〉
スランプはとりあえずここまで、というところでしょうか。
欲を言えば伊織に言われるまでもなく勝手に動いて迎えに行ってほしかったのですが。
やはり「勝手に動く」というのはルール違反ですかね(^^;

アイドルには意思がある、という意見は今のところ支持者が春香と伊織だけ。
いっそAIでも積んで喋ったり何かしら反応があればとも思うんですが、それだとあからさま過ぎて面白くないかもしれないですね。

「16年待ったんだろ?」みたいなことを伊織は言ってましたが、少なくとも16年前からインベルは動いていなかった、ということ?
16年前のインベルのこととか、両親に捨てられた(?)春香のことが当面の伏線でしょうか。
雪歩の携帯についてるキリンのストラップがやたらクローズアップされるのも気になりますが。
OPでもアップで出てますけど、誰の手か分からないんですよね・・・。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/343-41fd66b9
  • 宙からの帰還 XENOGLOSSIA7話(5月18日追記あり)【【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式】
    祝!中京テレビ「XENOGLOSSIA」放送決定!! 本来5月17日、今週木曜深夜から中京広域圏・東海テレビで放送予定だったXENOGLOSSIA。それが放送開始まで1ヶ月を切った4月の下旬に突如東海テレビが放送中止を
【2007/05/21 00:23】
  • (アニメ感想) アイドルマスター XENOGLOSSIA 第7話 「ただいま。おかえり。」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)黒いアイドル・ヌービアムの襲撃。危機に陥ったインベルと春香を救ったのは、真乗り込むネーブラであった。しかし、インベルは激しく破損し、春香も重傷を負ってしまう。様態を心配し病室に駆けつける雪歩。春香は未だ意識が戻らない状....
【2007/05/21 01:09】
【2007/05/26 18:40】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。