スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第7話『五月雨にクチナシは香りを放ち・・・(前編)』

 2007-05-19
脇役にしてはやや濃いキャラ?
〈今回のあらすじ〉
夜の闇の中、ビルの屋上で対峙する男が二人。
「殺られる覚えはあるだろう。諦めな」と言う男は契約者。
彼は相手の意識を乗っ取り、その肉体を手に入れる。
手に入れた肉体をビルから転落させる寸前、男は再びもとの自分の身体へと意識を戻す。
こうして“自殺に見せかけた殺し”が完成する。

貧乏探偵の久良沢凱とその助手である茅沼キコ。
そんな彼らの元に、ネコ探しの依頼にやってきた一人の女性。
報酬は50万。見つからなくても25万は支払うと言い帰っていく。
新聞記事にあった“転落自殺”に記事に目を留めた久良沢。
先日にも同じような事件があり、しかも両者ともが“フィオーレ化粧品”の社員だという。
キコは、依頼主の夫人がつけていた香水がフィオーレ化粧品のものだという。

依頼主、弓月亜璃紗の夫がフィオーレ化粧品の重役だったと突き止めた久良沢。
彼はある日、弓月邸を訪れる。
その先で、彼は書棚整理のアルバイトをしていた黒と出会う。
亜璃紗は、亡き夫の前妻が猫を連れて行ったのではないかと言う。

建設途中のビルで、契約者を見つけた黒。
その男は、自殺に見せかけた殺しを行う契約者。
黒もまた肉体を乗っ取られそうになるが、猫(マオ)に救われる。

ふとした偶然から、黒の追う契約者のコートと自分のコートを取り違えてしまった久良沢。
彼は黒を見かけ、その行動に不信感を抱くが見失ってしまう。
弓月の前妻の屋敷の忍び込む久良沢だが、そこは近所でも有名なゴミ屋敷だった。
屋敷中に散乱したゴミ袋の中で、彼は黒猫を発見する。
だがその先には、すでに白骨化した女性の遺体があった・・・。


〈感想〉
前回の予告を見る限りだと、あらぬ方向に向かうのではないかと不安でした。
でも今回くらいなら十分に許容範囲内だったので一安心。

結局、マオの憑依している猫は夫人の探してる猫と一緒なんでしょうか。
というかそれ以前に、“猫”って書くと探してる猫なのかマオなのか紛らわしい(^^;

30過ぎたら絶対太る、と評される黒の大食い。
もしや対価のない契約能力行使には相当なカロリーが必要とか(笑)
対価絡みで言うと、今回の敵の契約者。
何かのニオイをかぐことのようですが、アレが靴下とかだったら嫌だなあ(笑)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/341-f5a18961
  • もっと!てこいれメモリアル 黒の契約者7話【【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式】
     あの猫居るやん、マオって言うんか?あれ対して役立ってへんと違うか? マオは一応契約者で、能力は動物への憑依。で猫に入ってるうちに本当の身体の方が始末されちゃったお間抜けちゃん。人間の体がある内は出たり
【2007/05/20 02:23】
【2007/05/20 06:37】
【2007/05/26 00:54】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。