スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:アイドルマスターXENOGLOSSIA 第3話『アイドルとマスター』

 2007-04-22
臆病なロボット。
〈今回のあらすじ〉
モンデンキント・アイドルチームの歓迎を受けた春香と雪歩。
さっそく二人は基地の案内を受ける。
春香は、エースパイロットの菊地真ですらインベルを動かすことができないと知る。

まずは座学から始まった春香と雪歩。
特に理数系の勉強が苦手な春香だが、操縦シミュレーションは好調で「向いてるかも」と雪歩に絶賛される。
水瀬伊織、通称“デコ”でも動かせないインベル。
調整もかねて、春香が搭乗することに。
順調に起動するかに見えたが、完了寸前で沈黙してしまう。

そんな中、破砕が必要な隕石が地球に迫っていた。
ネーブラで出動する伊織。
春香はインベルと共に出動することを要請する。
インベルが以前の自分と同じだと気付いた春香。
外の世界が怖くて、動きたくても動けなかった自分。
そんな自分を変えてくれたのは高槻やよい。
「飛ぼう!私と・・・!」
世界は何も怖くない。怖いと思い込んでいると、世界もそのように見えてしまう。
春香の呼びかけに応え、インベルは空を舞っていく・・・。


〈感想〉
気位が荒くて乗り手を選ぶメカ、というのは容易に想像できますけど、怖がりなメカというのは初めて聞きましたね。
鞭打って動かそうというヤツには応じない、ということでしょうか。
それはそうと、乗り手が余ってますよね。
今のところアイドルは3機しか出てませんけど、他にも出るんでしょうか。
できれば全員が専用機を持って欲しいんですが。

で、今回からOPに効果音が。
でも何故にメカ関係の音だけなんでしょうね(笑)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/278-5a56fe3c
  • 弗と枡 XENOGLOSSIA3話【【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式】
     今回は1話丸々かけて春香がインベルを起動させるまでのお話なんですが、いきなり乗れちゃうんじゃなくて、もう少し練習とか特訓とか稽古とかそういうお話の方が良かったと思います。 なんていうか「あ、乗れちゃった
【2007/04/23 04:34】
【2007/04/24 01:55】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。