スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第3話『新星は東雲の空に煌く・・・(前編)』

 2007-04-21
黒の代価はやはり食物のようで。
〈今回のあらすじ〉
かつてヘルズゲートの中に調査に踏み込んだ研究者がいた。
その中で唯一生き残ったものは「人の居ていい場所じゃない」と恐怖におののいて言ったらしい。

アルバイトと偽り、とある工場に探りを入れる黒。
そこの相談役の田原耕造は、ヘルズゲート調査団の唯一の生き残りだという。
腕時計を模した盗聴器を密かに田原に持たせる黒。
彼の娘・舞が、放火容疑で学校に通報されたという連絡が入る。
「気がついたら燃えていた」という彼女。
意識もなく行動するようになったのはいつだ、と気にする田原。

田原を組織に引き込もうとする男がいた。
あっさりと断られるなり、彼らは娘を人質にとろうと動き出す。

黒もまた、その舞と接触していた。
普段は話もしない父の回し者と疑う彼女だったが、次第に疑いを解き始める。
「あんな誰もいない真っ暗な家に帰りたくない」と言う彼女。
母親は他界し、父親はもう長いこと家に帰っていなかった。
そんな彼女を連れ、閉園後の遊園地に忍び込んだ黒。
目を閉じさせ、その間に電気を通した黒だが、警備員に見つかってしまう。

舞の腕の包帯に目を留めた黒。
彼女の腕には光点があった。
以前はもっと光っていたが、今では時々消えるようになったという。
舞を狙う暴漢に襲われた黒。
彼女だけでも逃がそうとした黒だが、絶対的に数が多すぎた。
舞に発砲した彼ら。
その時彼女の腕の光点は消え、周囲を巻き込む爆発が起きた・・・。


〈感想〉
今回もドールかと思いきや、「モラトリアム」という契約者の一種だった
ようですね。予告を見る限りでは。
ゲート内の秘密を知っているであろう人物が出てきたわけですが、なんで記憶が消されてないんですかね。

どうも黒の能力というのは電気の操作で、代価は大食いのようで。
分かる人にはもう分かっていたというところでしょうか。
中国出身というのは本当なのか、朝食は中華一色という感じでしたね。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/276-c4c5f25b
  • 急行新星は東北本線に煌めく 黒の契約者3話【【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式】
    ※黒の契約者第3話の感想記事です※ 急行新星はかつて上野~仙台間を東北本線経由で結んでいた夜行急行。上野~盛岡間を結んでいた夜行急行(後に特急)の弟分的列車でしたが、兄貴分の北星共々東北新幹線の開業に伴い廃止さ
【2007/04/23 04:37】
【2007/04/26 08:36】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。