スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:キスダム ―ENGAGE planet― 第3話『友輩(キズナ)』

 2007-04-18
えーと、ゲームオーバーですか(笑)
〈今回のあらすじ〉
シュウの前に姿を現した、ヴァルダと名乗る人物。
その姿は、シュウにしか見えていなかった。
敵との遭遇データを基に、本拠地を叩こうという人類の反攻作戦が始まろうとする中、シュウは戦うことを躊躇っていた。
力に呑まれていく感覚、人でなくなるかもしれない恐怖。
怖いのは自分自身、と言うシュウ。
七生はシュウに、諦めない闘志こそが希望になるのだと諭す。

戦場へ向かう決心をつけたシュウ。
由乃はシュウに、「あなたは新しい力を手に入れた。だけどあなたは変わってない」と言う。
シュウが加わり、勢いをつけたかに見えた人類だったが、立ちはだかったのはこともあろうに、総司令の燻京香だった。
「人類滅亡は宇宙の意思」と言う彼女。
次々に仲間を倒され、怒りを募らせるシュウ。
由乃もまた、瓦礫の中へと埋もれていってしまう・・・。


〈感想〉
はやくもバッドエンドの様相を呈していますが・・・。
一旦ゲームオーバーにしてその後からまた描いていく手法のようで。
BLOOD+みたいなもんですね。

総司令が本当に裏切ったのかどうかもよく分かりませんが、それより気になったのは「喋ってないのに口が動く」という怪現象(笑)
他にもなんとなく口の動きとセリフが合ってなかったり、ちょっと見ていて辛い面がありました(^^;

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/270-15159c79
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。