スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話『せめて哀しみとともに』

 2007-04-02
一応は第一期の最終回ということになりますね。
〈今回のお話〉
 「一人たりとも残してはなりません」と日本人の抹殺を命じたユフィ。
ゼロは藤堂たちに突入を指示する。
 カレンはナイトメアに乗っていたユフィに遭遇する。
ガウェインでナイトメアを破壊し、ユフィが出てくるのと同時にコックピットを降りたゼロ。
ユフィを元に戻すことなど出来ないと知っているルルーシュは、やむなくユフィに引き金を引く。
 同じ頃ユフィを探していたスザクは、ランスロットのカメラでその様子を見てしまう。
紅蓮弐式の攻撃を押しのけ、ユフィを抱えてアヴァロンに帰還するスザク。

 キョウト六家もゼロの指揮下に入ることが決まった。
式典会場を制圧した黒の騎士団と、ブリタニアへの怒りに燃える日本人たち。
ゼロは多くの日本人を前に、“合衆国日本”の設立を宣言する。

 ギアスの所為で発言・記憶なども一切ないものの、最後まで日本人を案じ続けたユフィ。
「あなたに会えて・・・」の言葉をスザクに残し、ユフィは息を引き取った。
 どうしても不可解さを拭えないままのスザクの前に現れた少年。
「教えてあげようか」と言うその少年は、自らをV.V.と名乗る。

 黒の騎士団は、トウキョウ租界へと侵攻。
名誉ブリタニア人や各地の抵抗勢力をも引き込んでいく。
ブリタニアへの降伏勧告を出し待機していたゼロのもとに、スザクから電話がかかる。
 「空を見ないでほしい」というスザク。
殺したいほどに憎い相手がいる。今まさに、人を殺すために戦おうとしているのだと言うスザク。
ルルーシュは、憎めばいいとスザクに言う。
自分はもう迷うつもりはない。ナナリーのためだからと。

 勧告期限とともに、租界に仕掛けていた装置が作動、トウキョウは見る間に廃墟となっていく。
創造の前には破壊が必要。
自分の手はもうとっくに汚れている。だから挑んでくればいいと呟くルルーシュ。
そのために心が邪魔になるのなら、捨て去ってしまえばいい・・・。


〈感想〉
 ユフィのことは不幸ではありましたけど、だからと言ってブリタニアやスザクに肩入れしがたいのが個人的な見解ですね。
スザクは(最近はそうでもなかったですが)「ブリタニアに従いながら変えていくのがルール」みたいなことをよく言いますが、
根本的に「ブリタニアが他所の国に攻め込んで支配する」のはルール違反じゃないのか、というのが気になります。
 ルルーシュと電話してた時には「ゼロ=ルルーシュ」ということはもう聞いていたのでしょうか。
いまいち判別はつかないままでしたが・・・。

 で、その他気になること色々。
・よほど強い意志があればギアスへの抵抗は可能?な感じでしょうか。
これならシャーリーのギアスもあるいは、なのですが。
・ニーナは置いとくとして(笑)
まあ変な行動を起こさないことを祈ります(^^;
・皇神楽耶、ちょっとイメージとは違ってました。
もっと冷静そうな感じだと思ってたのですが・・・第一声からして気付くべきでしたかね(汗)
・オレンジ復活しましたね。なんか予定外っぽくもありましたが。
「おはようございました」。これも名言・迷言の予感かも(笑)
言語能力とか難ありのような気もするのですがね。
・ところで、ヴィレッタさんはお亡くなりになったのでしょうか?
また撃たれて記憶が戻って・・・みたいなのもありかもしれないですが。

 次は夏ですか。
不満な方は沢山いるかもしれないですが、個人的にはちょっと嬉しいかもしれないですね。
だってナイター中継とかあると困るじゃないですか。時間合わせるのに(^^;
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/241-08821fe4
  • 初見の人のコードギアス23話感想【mimiyori-shinbun】
    面白いと薦められて23話のビデオを借りた。とにかく凄かった…綺麗なべべ着たおねーちゃんの大立ち回り!ではレビューをどぞ。
【2007/04/02 21:25】
【2007/04/03 14:59】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。