スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第12話『桜色の未来たち』

 2007-03-26
終わりではなく始まり。
卒業という節目も、ただの通過点に過ぎないのだから・・・。
〈今回のお話〉
 聖桜学園第82期生の卒業式が行われた。
学園は経営面でのみ統合となったが、制服・校歌などは事実上独立。
聖桜は独自の色を残すことが決まったが、それは愛洸の理事長が取り計らってくれたからだという。
 メディア専門学校、実業団、大学とそれぞれの道を歩んでいく仲間たち。
学美はフリーターとして働いていくことを決め、光香はアメリカに3年間の留学をすることに。
知らない場所で何が出来るか、ワクワクやキラキラを見つけてみたいと言う光香。

 卒業式の後、82期生徒会はささやかな反省会を開いた。
反省は後先考えず突っ走ってしまったこと、と言う学美。
だが同時にとても楽しい思い出。責める者もいない。
「だから反省はするけど後悔はしない」と学美。
 そんな中、これで終わりたくない。もっと学校にいたいと涙を流してしまう光香。
留学をやめようかと言いかけた光香に、学美は無言で首を振ってみせる。
どこにいても、どれほど離れていても一緒。
これは終わりではなく、ひとつの始まりに過ぎないのだと。

 光香が日本を出立する日。
間に合うかどうかギリギリというところで、何とか見送りに来ることができた学美たち。
言葉もなく、学美たちが示したのは“勝利のポーズ”。
それは仲間の絆の証。
5人の物語は、まだ終わらない。

 それから1年と5ヵ月後、再び集まった仲間たち。
未明にこっそりと学園に忍び込み、一晩で消える缶スプレーで学校中にまたがって描かれた巨大な文字。
“A HAPPY LIFE”。
彼女たちは、その言葉にどんな意味を込めたのだろうか・・・。



〈感想〉
 第1話の焼き直しから入ったので一瞬戸惑いはしましたが、よくまとめてくれたのではないかと。
 「全力で働いてみたい」とか言われると、どうも“全力”が耳につくのですが・・・狙ったのでしょうか(笑)
新任教師として学美のお兄さんがやってきたり、新生徒会は前より人数増えたりと色々でしたが、個人的に嬉しかったのは新会長が桜の花びら(?)を模した髪留め(と言うのかどうかはよく分かりませんが)をしてたこと。
学美たちが残したものが受け継がれてると言う感じでよかったと思います。

 ストーリー概要でも書きましたが、結局この作品が伝えたかったことは何だろうかとふと思います。
A HAPPY LIFE、つまり日々を後悔しないように幸せに生きろ、ということでしょうか・・・?
他にも解釈の余地はあると思いますが、とりあえず何かを感じたならそれでよし、と勝手に自己弁護を(汗)

 放送前はこれほど深みのある作品になるとは思いませんでした。
放送前までは学校系のギャグアニメ、くらいの印象しか持ってませんでしたし。むしろひだまりスケッチ的なテイストを予想してました。
まあ結果は外れに外れたわけですが。
 惜しむらくは、たぶん自分と同じような予想をさせただろうキャラデザイン。
でも逆にリアル造形なら受け入れられたかと言えばちょっと微妙ではあります。難しいもんですね。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/236-2e17f690
【2007/04/08 08:23】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。