スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:京四郎と永遠の空 第12話『永遠の空』

 2007-03-25
ついに最終回となりました。
〈今回のお話〉
 「会いたかった。君に・・・」と京四郎。
バスティーユから空を救い出した京四郎は、せつなの意思によって落下を免れた。
 崩壊を始めたバスティーユ。
力が解放され、世界は終わってしまうと危惧する京四郎だが、「もう一人の私でもあるから、止められるはず」と空は言う。
「高いところは少し苦手」と言う空に、京四郎は手を差し伸べる。「行こう。一緒に」と。
バスティーユは崩れ落ち、4人の天使が青空を舞っていた。

 手をつなぎ舞う京四郎と空は、さながらラストダンスのよう。
学園祭でラストダンスを踊った二人は、永遠に結ばれるというジンクス。
「だからもう離さない」と京四郎は言う。
もとは同じであったはずの存在。だが今はもう、それぞれに違う4人の存在となって、それぞれの愛する者とともに歩いていく。

 空に起こった変調。
「お別れの時間です」と京四郎に告げる空。
バスティーユを崩壊させたことで、空もまた、消滅の道を選ばなければならなかった。
「それでも、京四郎さんに会いたかった」と空。
自分にしか出来ないこと。自分で考えて決めたこと。
京四郎と会えたことで、もう願いは叶っていたと言う空。
「自分がどんな姿になるのか分からない」と言う空の最後の願いは、「笑っている自分を、ずっと覚えていて欲しい」ということ。
「綺麗にお別れしたい」と言う空を受け入れ、背中越しに語る京四郎。
きっと帰ってくる。だから待っていて欲しいと言う空と、それを約束する京四郎。
二人でやりたいことが数多くあった。
消えたくない。生きていたいと涙を流す空。
二度と離さないと誓った京四郎。
空の手を取ろうと振り向いた京四郎だったが、無数の羽根となり、空は消えていった。
ただひとつ、彼女がつけていた白馬のブローチを残して・・・。

 「最後まで好きな人といられた。だから不幸せなわけない」と京四郎を励ますせつな。
京四郎は、旅に出ることを決意する。
 せつなには感謝している。だが彼女の想いに報いることは出来ない。
「こんな俺が許せないなら、好きにしていい」と言う京四郎。
 せつなの願いは、京四郎を空に会わせること。
その時には、京四郎に別れを告げると言うせつな。
二人は、空を探す旅路に出る。

 澄んだ青空のもと、雪山に囲まれた花園。
少女は、白馬のブローチを付けた“王子様”と再び出会う。
王子様は言う。
「行こう。一緒に・・・」。


〈感想〉
 バスティーユのカッコよさが先週と段違いなことにまず驚きでした。
今回、正直なところ「はあ!?」というのが第一印象でした。
なにせ色々と分からないことだらけのままでしたから。
なんで空一人だけが消えなきゃならないの、とかカズヤはなんで廃人になったのか、とかですが・・・。
 でも不思議なもので、分からないことはとりあえず脳内で適当に設定して見てみると、「また会えてよかったじゃない」と素直に思えるから驚きです。
余談ですが、総帥となったソウジロウをアップで見たかった人は多いのでは(笑)

 今回で最終回となったわけですが・・・。
ED前、「探しに行きますよ」的な流れで締めてしまおうとすれば出来てしまうようなストーリーながら、あえてそれをせずしっかり再会まで描いてくれたのは好印象でした。流石にED入ったときは焦りましたが。
 なのですが、後々まで印象に残る作品だったかといえば、かなり怪しい(というか忘れ去る可能生大かも)です。
なんと言いますか、色々な意味で「動機付け」の描写が足りないせいかも・・・と。個人的には惜しい作品だった気がしてなりません。
やっぱり早々に見切るべきだったのか(爆)

でもまあ、ぶっちゃけ空が可愛かったので良しとします(笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/234-94c6c777
【2007/03/25 21:06】
  • 京四郎と永遠の空 第12話(最終話)「永遠の空」【SERA@らくblog】
    会いたかった、君に――。 京四郎と再会した空… 世界の破滅を止めるためバスティーユを消滅させる… それが京四郎との別離になると知っていても。 キレイな終りだったかな。 せつなが最後までカワイソウだったけど、最後まで強く健気ないい子でした
【2007/03/26 02:17】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。