スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:SHUFFLE!memories 第11話『プリムラ編 後編』

 2007-03-20
今回はプリムラの後編。
各キャラでは最後になりますね。
〈今回のお話〉
 身体に変調をきたし、突然倒れてしまったプリムラ。
稟はプリムラが人工生命体であり、“ユグドラシル計画”のためにつくられた存在だと聞かされる。
その計画は、失った命、失われ行く命を救うための研究。
稟はプリムラのため、やむなく魔界に送り返すことに。
 プリムラは、夢を見た。
稟や楓、魔界では姉のような存在であったリコリスまでもが自分の前からいなくなる夢を・・・。

 生きてさえいればまた会うことも出来ると、魔界にいるプリムラに会いにきた稟たち。
「早く元気になって帰ろう」と呼びかける稟。
 夢の中、プリムラに別れを告げるリコリス。
「リムちゃんには、帰る場所がある」と言われ、聞こえてきたのは稟が自分を呼ぶ声。
 プリムラは魔力を制御できるようになった。
そのまま研究を続行しようとする魔界に反抗し、「家に連れて帰ります」と言う稟たち。
魔王もそれが最良と判断し、プリムラはまた稟の家に住めるようになった。

 稟が亜沙と親しくなり、楓には徐々に変化が起き始めていた。
稟は今まで楓には見せなかった幸せそうな顔をするようになった、と楓。
稟が幸せならそれでいいと言う楓だったが、それが本心とは思えないプリムラ。
 楓は、自分から稟を奪った亜沙を密かに憎んでいた。
「ずっと償っていきたかった」と言う楓だが、それが本心とは違うことに気付いていたプリムラ。
楓自身も、「本当は一緒に居たかった」と涙ながらに言う。
稟には思いを伝えたのかと聞くプリムラ。
楓は「愛される資格がない」と言う。

 それでも稟は、亜沙を選んだ。
これからは自分が、少しずつ楓を支えていこうと思いはじめたプリムラ。
 稟とは、会いたくなればいつでも会える。
自分たちは、家族なのだから。


〈感想〉
某ラジオではないですが、「便利な言葉だよ“家族”って(怒)」。
「会いたくなればいつでも」とは言いますが、そりゃ無理というもの。
そんなにしょっちゅう来られたらせっかく逃げた努力が無駄になりますからねえ、稟くん?

せっかくの空鍋シーンでしたが、いまいち迫力不足でしたかね。
やっぱりあれは半狂乱に近い楓の表情とセットにならないと意味がないのかも(^^;

 ところで、設定的にプリムラは何歳くらいなんでしょうね。
どう考えても高校が同じになるような年の差には見えないのですが・・・。
しかも「お兄ちゃ~ん」とかキャラ変えすぎなのでは(笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/227-3b29dca3
  • レビュー・評価:SHUFFLE!/第11話 夏のお嬢さんたち【ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン】
    品質評価 28 / 萌え評価 32 / 燃え評価 21 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 32 / お色気評価 100 / 総合評価 39レビュー数 28 件 夏の補習授業を終えて、一目散に教室を飛び出した麻弓は、いきなり、廊下で稟と衝突してしまう。ぶつかった際、下着を見られてしまう麻弓?...
【2007/09/29 14:41】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。