スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第11話『わたしにもみえるよ』

 2007-03-19
学園祭決行!
〈今回のお話〉
 聖桜全生徒の7割を超える署名を獲得し、学園祭は決行の運びとなった。
素案と審理、連日の遅くまでの準備作業によって、ついに迎えた前日の夜。
今ここにあるのは、夢じゃない風景。自分たちが掴み取った学園祭。
「今日、帰りたくない」と言う光香。
それは学美たちも同じだった。
 同じ日常にあって、学美は自分とは違うものを見ているのではないかと思っていた光香。
けれど今なら見える。学美と同じものが・・・。
 いつか時が経って、離れ離れになっていくかもしれない。
それでも、この夜、五人で夜空を見上げていたことは絶対に忘れることはない。

 学園祭当日。
新しくなった生徒会室に本部を構える学美たちだったが、全くもって暇な状態。
それは有志で名乗り出た実行委員たちの働きによるのだが、それでも退屈で仕方がない。
そんな中、学園祭に訪れた学美の兄や愛光理事長、さらには多佳子。
兄をたぶらかしに来た、と愛光理事長に敵意を見せる学美は、生徒会長権限で出入り禁止に、とわめいてむつきたちに取り押さえられてしまう。

 学美の手前、「個人として来た」と言ってしまった愛光理事長だったが、実は“理事長として”来たことを、学美の兄はしっかりと見抜いていた。
「先を見すぎていたのかもしれない」と言う彼女。
少子化の時代にあって、楽しいだけの学園祭に意味はあるのか。
もっと他に価値を見出せなければ、学校という存在は意味を失うのではないかと。

 退屈でどうしようもなく、自分たちだけが学園祭を見て回れないとグチをこぼす学美。
「それが生徒会の宿命」と言う多佳子は、そっと目を閉じてみる。
それに倣って目を閉じる学美たち。
直接見なくても、目を閉じれば見えてくる。耳を澄ませば聞こえてくる。
学園祭を楽しむ生徒たち、出店や来客のいる風景が、まるでそこにいるかのように感じられる。
イメージして、それを実現すること。
それはあなたが教えてくれたこと、と学美に言う多佳子。

 学園祭も終了間際になって、とうとう本部を学園長や下嶋先生に任せてしまった学美たち。
ライブ会場を訪れた学美は、「一番お礼をいいたい人」とバンドメンバーを始めとして生徒たちに歓迎される。
「一曲唄って締めてもらいましょう!」と突然言われて焦る学美。
そんな学美が唄うのは、愛する聖桜学園の校歌。

 何の見返りもなく、ただ純粋に物事に打ち込める時期。
だから楽しいだけの学園祭にも意味は確かにあると感じた愛光の理事長。
 例年と何かが大きく変わっているわけではない。
それでも今年の学園祭は違うのもだったと言う学園長。
生徒たちが自らの力で掴み取った、聖桜最期の学園祭だから。

「みんな・・・大好き」と学美。
夜空に咲いた無数の花火の中、学園祭は幕を閉じたのだった。


〈感想〉
 兄さん意外に強いですね。ただの優男と思いきや。
まあそれはいいとして(笑)、学園祭当日の朝、「始まるよー!」と言った学美ですが、第1話でも同じことを言ってましたね。
あの頃は、この作品がこうも化けるとは思ってませんでしたが・・・。

 “学校って何するところなんだ?”を改めて考え直したのがこの作品、という位置づけで見ていたのですが、
これはもちろん「今学校にいる人たち」に向けているわけじゃないですよね(たぶん放送時間的なものから言っても・・・)。
 とすれば、これは大人が(もちろん大学生あたりも含め)考えなくてはいけないことだと思うのですよ。
ちょいと現実に目を向ければ、学校も生き残りをかけて生徒確保に必死な時代。
考えなしでこのままいくと、「まなびストレート」で学園祭がなくなればあり得たかもしれない、「大切なものを見失ったかもよ?」という
のが現実になる可能性もあるんじゃないかと。

 深読みしすぎなのかもしれないですが、「こんなロりっ子キャラばかりのアニメ見るのもいいけど、たまには現実問題にも関心向けてね」
という製作陣のメッセージだったのかもしれないなあと(笑)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/225-8fcdddca
  • がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第11話【おちゃつのちょっとマイルドなblog】
    がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第11話、「わたしにもみえるよ」。 前回の新生徒会室改装~学園祭の準備期間を書記みかんの記録日誌読み上げ風な手法で省略、すべての準備を終えた学園祭の前夜。
【2007/03/20 00:52】
【2007/03/25 17:31】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。