スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:ネギま!? 第24話『ネギ先生、どうやらクライマックスですbyアキラ』『みんなで一緒に帰ろうね、ネギくん!by美空』

 2007-03-15
録画し忘れちゃったのでよーつべで見てからの更新と相成りました(汗)
〈今回のお話〉
 スタークリスタルに飲み込まれ、行方が分からなくなってしまったネギ。
今いる世界がスタークリスタルによって生み出されている世界である以上、ネギはどこかにいる。
せめて様子だけでもと魔法を使おうとするタカミチだったが、枝を伸ばし襲い来る森をネカネと防ぐだけで手一杯になってしまう。
ネカネとタカミチが魔法を使えないため、残る手段は詠唱魔法を使えるエヴァのみ。
ところが「嫌だ」と協力を拒むエヴァ。
しかし仮契約を交わしたこと、このままでは済まないと思ったこと、明日菜の気迫に押されて・・・などによりしぶしぶ魔法を使うエヴァ。

 別の幻影空間にいる様子を映し出されたネギは、偽者のクラスメイトたちと共にいた。
ネギの前に広がるのは、底の見えない暗闇。
偽りの生徒たちに騙され、様子を探るように言われるネギ。
だがその暗闇は時空の冥界、魔法世界のブラックホール。
本物の明日菜たちがどれほど叫んでも、その声はネギの元に届かない。
 だがネギは、周りにいるのが偽物の生徒たちだと気付いていた。
「お前の力では、ここから出ることは出来ない・・・」と言う闇の生徒たち。
それでも闇を払いのけたネギは、幻影によって生み出された魔法学校にいた。
ネギの前に現れたアーニャの姿。
「君もスタークリスタルが生み出した幻影だ」と言うネギ。
傷つくことも裏切られることもなかった。だからアーニャのことは理解できない、と言うスタークリスタルの意思。
アーニャはネギが苦しみ、悲しむことを求めているのだと言うスタークリスタル。
 本当のアーニャなら、こんなことはしない。
誰かが傷つくことも、苦しむことも望むはずがないと信じて疑わないネギ。
生徒たちの心が宿ったパクティオーカードが生んだ魔法の杖。
ネギはそれを使い、スタークリスタルからアーニャを解放する事に成功する。
アーニャを連れ、幻想空間を脱出しようとするネギだったが、スタークリスタルの魔力である時空の冥界に吸い込まれそうになってしまう。
「ネギだけ逃げて」と言うアーニャだが、ネギが肯くはずもない。
 
 幻想空間を破り、ネギたち全員を拾い上げ、閉じようとする空間から救った人物。
彼こそが、モツとシチミの“ご主人様”であるサウザンドマスター、ネギの父だった。
直接に父の顔を見ることは出来なかったネギだが、ともかく皆無事に元の世界に帰ることができたのだった。


〈感想〉
 見せ場としてはもうちょっと盛り上がれそうな気がしないでもないだけにちと残念な気もします。
個人的にはリメイク前の「全員契約発動でフル出場バトル」の方が燃えたりするのですが・・・。
でもこれはこれでまあ「あり」なのかな、と。

 (偽物の)エヴァがいつもと違うから見破れた、というのは本当だったらちょっと酷いなと思うのですが・・・。
言ってみればただの“ツンデレ”ですからやる時はきっちりやってくれる人なんじゃないですかね、エヴァ。
あれ?もしやこれはいわゆる「脳内補完」ってやつですか?(笑)

 あと2話ありますからもう少し何かあるのでしょうけども、やっぱり2クールは長すぎたんですかね。
今にしてみると、最初と最後だけ見られればそれでもよかったクチでした(^^;

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/219-ab032364
【2007/03/17 18:06】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。