スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:ネギま!? 第21話『漢はだまってラーメンたかみちby高畑』『何だそりゃ!?byカモ』

 2007-02-22
今回は一応(?)夕映が主役です。
〈今回のお話〉
 自分の気持ちに気がつかないフリをしていた。
気付いてはいけないと思っていたのかもしれない、と感じる夕映。

 図書館島から魔法に関する文献を借り出した夕映・ハルナ・のどかとネギの四人。
夕映の鰈ジュースをカレージュースと勘違いし、味見をしたネギ。
ネギたちが先に行ってしまった後で、間接キスだとモツにからかわれ、夕映は動揺してしまう。
さらに仮契約のときはダイレクトに・・・と追い討ちをかけるモツ。
以来、“ネギ”という発音がどこかに入っていれば何でも気にするようになってしまう。
 悪い妖精のいたずらを防ぐといわれる四葉のクローバーを見つけた夕映は、ネギのお守りにとプレゼントしようとする。
だがネギと親しく話す明日菜たちに気後れした夕映。
さらに入れ替わり立ち代り生徒たちがやってきて、夕映はすっかり後手に回ってしまった。
 そんな夕映を見つけたハルナがやってくる。
夕映の本当の気持ちを知らないハルナは、「私たちはのどかを応援しないと」と言ってしまう。
のどかは親友だから、自分がネギを好きになってはいけない。そう自分に言い聞かせる夕映。

 夕映はのどかに、どうしてネギが好きなのかと尋ねる。
色々と理由はあるものの、「好きになるのに、理由なんてないと思うから」とのどか。
それでは自分がネギを好きになってもいいということになる、と困惑してしまう夕映。
「親友なんだから、力になるよ?」とのどかに言われた夕映だが、「放っといて」と思わず口にし、のどかを泣かせてしまう。

 「自分の大切な人に言えないことはもっと辛い」と話すネカネ。
彼女も夕映と同じように、大切な人に言えないことがあるらしかった。
王様の耳はロバの耳。だけどもし誰にもバレないのだとしたら、と言うネカネ。
「ここには誰もいないし、私も耳を塞いでるから」と言うネカネを信じ、思いのたけを叫ぶ夕映だった。

 見つけた四葉のクローバーを「ネギ先生にあげるといい」とのどかに言う夕映。
自分の気持ちはこのままそっとしまっておこう、と決めた夕映だった。


〈感想〉
 やっとストーリーらしいものが出てきたと思ったのですが、余分なものが多すぎて散漫になったかな?という印象。
どこまでが伏線でどこからがギャグなのかよく分からないのも困り者。
操られた生徒に共通点はあるんですかね(^^;

 今までだと「括目して次回を待て」という割りに大したこともなかったですが(笑)そろそろ何か起こりそうな感じなんで、最後の期待?といったところでしょうか。
これで駄目ならどうしてくれようか・・・。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/188-5210e02e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。