スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:Kanon 第19話『ふれあいの練習曲~etude~』

 2007-02-10
祐一は、あゆとの思い出を少しずつ思い出していく。
〈今回のお話〉
 冬休みも終わりが近付き、幼い祐一は自分の家に帰らなければならなくなった。
祐一は「必ずまた会いに来る」と言ってあゆと約束する。
あゆにあげた小さな天使の人形を「願いの叶う人形」と言う祐一。
「俺に叶えられることは何でも」と話す祐一にあゆが願ったことは、「遠くに行っても、忘れないでいてほしい」ということだった。

 栞を思い出し、ベランダから外を眺めていた祐一。
そんな祐一を見たあゆは、「ぼくにできることなら何でもしてあげたいけど」と言う。昔、祐一が自分にしてくれたように。
「祐一くんが励ましてくれなかったら、ぼくはもう笑うことができなかった」とあゆ。
その頃の祐一はあゆにカチューシャをプレゼントしていたが、二人ともその頃のことはよく覚えていなかった。

 翌日は名雪も出場する駅伝大会の日。
祐一やあゆは応援に出かけていく。
北川はあゆをみて、「小学生を彼女にするのはマズイだろう」と思わず言ってしまう。
 名雪のチームは大きく差をつけられてしまっていたが、あっという間に先頭集団に入ってしまう。
高校陸上界では名うての存在だと初めて知った祐一とあゆ。
祐一はいてもたってもいられず、北川の乗ってきた自転車を強引に借り、名雪を追っていく。
祐一の応援の甲斐もあり、名雪は見事1位でゴールするのだった。

 ささやかに喫茶店で祝賀会を開く祐一と名雪。
「祐一にも、この街を好きになってほしい」という話になり、祐一は「好きなやつ、いないのか?」という話を切り出す。
「小学生の頃いたけど、ふられちゃった」と名雪。「小学生の頃なら、今は変わってるかも」と言う祐一だったが、「その頃も今も、その人の好きな子は一人だけなんだよ」と言う名雪。
時々意地悪で、困ってる人を見ると放っておけない、そんな人。
「気苦労の多そうなやつだな」と他人事のように言う祐一だった。
 「優勝祝いに何かプレゼントしようか」と言う祐一に、名雪は赤いビー玉をねだる。
「もっとましな物を買う金はある」と言う祐一だったが、「綺麗だし、色が苺に似てるから」と満足そうな名雪。
「あゆに負けないくらい変なやつだな」と言う祐一に、「あんまりあゆちゃんを困らせちゃだめだよ」と言う名雪。
「どちらかというと困らされてるのは俺のほう」と祐一は言うが、「分かってない」と言われてしまう。

 ある日、幼い祐一はあゆから手製のクッキーをもらう。
黒焦げのクッキーをかじり、なんとか「うまい」と言ってあゆを喜ばせる祐一。
 二人がやってきたのは、森の中にある小さな空間。
一本の木を中心に小さく開けたその広場は、祐一のとっておきの場所だった。
「いいって言うまで後ろ向いてて」とあゆ。
祐一が振り向くと、あゆは木に登って街を見ていた。
「木登りは得意なんだよ」と言うあゆだが、高いところの苦手な祐一は気が気でない。
二日後、祐一が帰るその日まで遊ぼうと約束する二人だった。

 そんな夢を見て、目が覚めてしまった祐一。
ベランダに出てみると、あゆも同じように出てきていた。
7年前のことは、祐一もあゆもよく覚えていない。
「7年経っても、カチューシャはここにあるし、祐一くんは目の前にいる。これってすごいことだよね」とあゆは言う。

 翌日、祐一は北川と二人で昼食をとっていた。
香里は学校を休んでいたが、栞が今のところ小康状態と聞き、少し安堵する祐一。
 放課後、駅前であゆと出会った祐一。
探し物は「まだ見つかっていない」と言うあゆ。
二人で街中を回ってみても、手がかりは見つからない。
 祐一といると「7年前のことを思い出す」とあゆ。
大切な人を目の前で失い、ただ無力感に打ちひしがれて名前を呼ぶことしかできなかった。
「もう二度と、あんな思いはしたくない」と涙ながらに言うあゆ。
 祐一も、別れを何度も経験した。
失ったこと、失いかけたことは何度もある。真琴や舞、そして栞。
「ぼくの顔、見ないでね。きっと、涙でボロボロだから」と言うあゆ。
祐一は目を閉じる。
そうすることが自然であるように、二人は惹かれ合っていく・・・。


〈感想〉
 自動的にあゆエンド決定でしょうね。
個人的にはそれが一番スタンダードだと思うので不満はないです。
でもそうすると名雪があまりに不憫なわけですが(汗)

 というか、よりによって駅前で○○はやめた方がいいんじゃないかと(笑)
せめてもっと人気のないところとか、なんなら丘の上とかにしてくれた方が。
リアルでもうっかり見てしまおうもんなら、何故かこっちが緊張してしまうので。
え?そんなこと言うのは私だけですか?(^^;

  
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/172-59e3a100
  • (アニメ感想) Kanon 第19話 「ふれあいの練習曲(エチュード) ~etude~」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    Kanon 第2巻/アニメ祐一は夢を見ていた・・・。冬休みが終わりに近づき、実家へと帰ってく少年。寂しそうな顔をする少女に、少年はまた会うと言う約束をし、少女に一つの人形渡す。それは、持ち主に3つの願いを叶えてくれると言う天使の人形だった。少女は人形に一つ目...
【2007/02/11 03:30】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。