スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ:武装錬金 第16話『新たなる力』

 2007-01-19
錬金戦団がカズキに突きつける結末。
〈今回のお話〉
 カズキたちはバカンスを満喫していた。
ブラボーはカズキに、「留守中変わったことは」と尋ねるが、LXEの残党もパピヨンも現れていなかった。
だがカズキは、「あの時もっと強かったならヴィクター復活を阻止できたかも」とトレーニングの再開を申し出る。
「もっと強い錬金の戦士になりたい」と言うカズキに、「今夜12時に西の岩場に集合だ」と言うブラボーだった。
その後、皆と夕食をとり、花火や温泉を楽しんだカズキたち。
 夜は更け、約束の時間になった。
岩場で待っていたブラボーは、すでにシルバースキンを展開中だった。
 同時刻、斗貴子は昼に出会った男と会っていた。
彼の名は“中村剛太”。斗貴子はヴァルキリースカートを展開し、「なぜお前がここにいる」と問う。
「戦団からの伝言を伝えに来た」と剛太。
 「本隊のこと、戦士・斗貴子からどの程度聞いている?」と問われたカズキ。
カズキが知っているのは、“核鉄の管理”と“ホムンクルスの抹殺”。
ブラボーの口から語られる本隊の正体。
名を“錬金戦団”といい、中世に端を発する秘密組織。
その目的はカズキの知る2点に加え、“賢者の石”を精製すること。
長年の研究から、戦団は賢者の石を精製した。
それが、Ⅰ~Ⅲの核鉄のそれぞれをベースに作られた、“黒い核鉄”である。
当時、瀕死の状態にあったヴィクターはその被験者第1号に選ばれ、心臓に黒い核鉄を移植された。
結果、ヴィクターは“第3の存在”となってしまったため、賢者の石の精製は凍結された。
 ブラボー曰く、「カズキは黒い核鉄とリンクしてしまっているため、もうもとの人間には戻れない」。
「あと6週間ほどで完全にヴィクター化して、周囲の命を奪い続ける存在と化す」と言われ、激しく動揺するカズキ。
戦団からの命令は、“武藤カズキの再殺”。
「もとより一度死んだはずの命。それを元に戻す」と戦闘を始めようとするブラボー。
ブラボーにも「人間を守る」という使命・信念があり、「そのためには戦士殺しも厭わない」と強くなったカズキを惜しみつつも退く気は見せない。
「あと6週間ある。今はまだ諦められない」と言うカズキ。
黒い核鉄により体質の変わったカズキに呼応し、サンライトハートも形を変える。
以前より小型化・威力も低下したものの、カズキの意思である生体エネルギーによって自由に形を変えられる武器になった。
「皆の元に帰りたくば全力で戦え」と言うブラボーに応え、ヴィクター化して戦うカズキとシルバースキン・アナザータイプで迎え撃つブラボー。
ブラボーはシルバースキンひとつ分を“リバース”にしてカズキに装着させてしまう。
本来のシルバースキンが“外からの攻撃から守ること”である裏返しとして、“リバース”の効果は、“対外的に向けられる攻撃を封じてしまうこと”。
何とかそれを破ろうとするカズキだったが、ブラボーは更に“リバース”を重ねてカズキに装着させる。
 剛太から場所を聞き出し駆けつけた斗貴子だったが時すでに遅く、カズキは再殺され、海に放り投げられてしまっていた。
海に入りカズキを探そうとする斗貴子だが、「本気のキャプテンが任務を仕損じるはずがない」と言う剛太の言葉に力を失う。
斗貴子の悲痛な叫びだけが海に響いていた・・・。


 「悩殺、ブラボーキッス」とか言っていた前半とは打って変わって「そんなのありかよ」という感じの今回。
「本来の意思とは裏腹に罪を負ってしまう主人公」という図は「緋村抜刀斎」とも通じる感がありますね。

 それはそうと、もともとカズキが持っていた(というか貰った)核鉄は銀(灰色?)でしたが、あれは「黒い核鉄を封じていた」とかですか?
そこはよく分かりませんでしたが・・・。

 「まだ諦めない」なんて言うから戦わないのかと思ってたら、二人ともバッチリやる気満々で。
ブラボーも忍びないんだったら一応善後策とか探せばいいものを、と思ってしまいました。

 「次回も腹黒ですが、何か?」が唯一の癒し(笑)といったところでしょうか。
「最近出ないけどどうしたんだろ?」とか思っていたのですが、桜花も次回出てくるみたいですね。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/136-58cbd0d8
  • (アニメ感想) 武装錬金 第16話 「新たなる力」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    武装錬金 I/アニメヴィクターとカズキの戦いは壮絶を極めた。しかし、ヴィクターが逃走により戦士としての任務を終了したカズキと斗貴子は、束の間の休息を得るため海へと向かう。しかし、そこには・・・。
【2007/01/20 19:35】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。