スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ『フラクタル』総括

 2011-04-03
※総括記事につき最終回ネタバレがあるので、ご注意ください。

世間的、ネット的にもマイナーでしたが、総括です。
さて。
前回更新が『Angel Beats!』の批評、
今回更新が『フラクタル』のまたも批評、ということで、
なんか文句しか書いてねーな、と思ったり(笑)

でも賞賛より批評のほうが書きやすいんですよ。
というわけで、決してプラス評価ではないのでご注意ください。


以上、前置き終了ということで。


ラストまで見ての印象としては「なぜか王道を斜め上に踏み外したな」と。
というか、「なんでフラクタル再起動したの!?」に尽きるかと。


序盤からずっと、この作品は「(2次元的な)仮想現実vs(3次元的な)現実」という
テーマであったろうと思うし、それは間違った解釈じゃないと思ってます。

まあこのテーマ性自体、「今さら何を」という感じですが。
所詮、我々は3次元的な現実をスタート地点にするしかできないので。

ただ、テーマ性自体は否定しません。
悪く言えば"チープ"ですが、裏返せば"王道"でもあるので。

それをラストの11話に来て、なぜか崩壊寸前のフラクタル(=仮想現実)を
再起動するという(個人的には)衝撃の展開になってしまったわけで。


きわめて好意的に解釈するなら、「いますぐフラクタルが消滅すれば
生死の危機に瀕する人々がいっぱいいるだろう」という考えも
フリュネ(+ネッサ?)にはあったのかなーとは思いましたが、
どうも作中描写を見る限りそうは思ってなさそうでしたし。


この結末に関し、「今すぐは無理でも、人は変わっていける」という
"緩やかな変革"という解釈をされているサイトさんをお見かけしました。
確かにそうなんでしょうが、私はそこまで寛大に解釈できないです。

というのも、クレインやロストミレニアム勢を除き、フラクタルに
違和感とか異議を持つ人が誰もいないから。
「フラクタルは復活したけど、僕たちはこれから・・・?」と
自省できる人はほぼ皆無なのでは・・・?
(逆に、その部分がもっと描かれていたなら印象は変わってきますが)

フラクタルによって生活が保証され、気楽だけどどこか退屈で寂しい世界。
クレインはそこから離脱して、他人との"3次元的世界での"繋がりを
知ったから変われた
、というのが本作の根幹であるはずだし、
当然、世界もそうなっていくのがストーリー的にも自然だと思うのです。

フリュネがネッサ(のデータ)と共に僧院から逃走した序盤からずっと、
フラクタル的な仮想現実やら管理社会と相反する行動から生じた結果
だったはずですが。
フラクタルが再起動したことで、「じゃあ今までのは何だったんだ」
思われた方も多いことでしょう。
「僧院もロスミレもそれなりに間違ってる」という、妙な日和見は何なのかと。

あと、ネッサの人格がフリュネの肉体に入ったことで、もともとの
フリュネの人格が消えてしまった
のも残念なところ。
(人格的にはフリュネ+ネッサ÷2とも取れそうですが、ちょっと難しそうでは?)
それこそ、クレインが好きだといったフリュネはいないのだし。
16歳の肉体と10歳に退行した精神というのは、割と病的なのでは?という
別の問題もありそうですがね。


"有終の美"という言葉がありますが、物事の終わりは大きな印象を持たせます。
そこまでの過程がいかに良くても、最後でこけたら台無しになることもあります。

この作品の場合、(おそらく)相当マイナーなので、仮に上記のような
順当なラストだと、それこそせいぜい良作、佳作くらいな評判しか
残せないままだったかもしれません。

が、もう言ってしまいますが最後にイミフな形で終わってしまったので、
「ヤマカンが大口叩いただけ」というのが大方の印象になるのは否めないでしょう。

そうでなくともジブリ的な意匠が随所にあって、パクリだと槍玉に
挙げられそうだった(というか挙がってた)というのに・・・。

ちなみに、ヤマカン氏を全否定する気はないです。
ただ、アニメ"製作"はちょっと「?」かもしれませんが。
震災時の某都知事の"天罰発言"にはきわめて的確に意見していましたし、
たぶん、評論家的な才能のほうがありそうな気もするのですが・・・?


色々書いてきましたが、途中まで良くてラストが残念な作品ほど
落胆するものはないですね(笑)
どーしようもなくつまらなければ清々しく見切りもつくのですが。

相変わらずとりとめもなく書き連ねてしまいましたが、
ここまで読んで下さった方、本当にありがとうございました。





スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1158-b5697951
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。