スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:CLANNAD ~AFTER STORY~ 第16話『白い闇』

 2009-02-01
タイトルからして不吉ですけど。
〈今回のあらすじ〉
・クリスマスも過ぎ去り、街は新年を迎えた。
 朋也と渚の家に集まった懐かしい顔ぶれ。
 陽平は朋也に、父親になる気分はどうかと質問される。
 好きな人がいて、守りたいと思っていたらいつの間にかそうなっていた。
 別段、確たる決意とか意志がないことに安心する陽平たち。
 命はどこから来て、どこへ向かうのか。
 そんな話題になり、ことみは両親の跡を継いで行っている研究のことを話す。
 この世界のすぐ隣にあって、行き来もできず見えもしない別世界。
 その話を聞いているうちに、朋也はふと以前のことを思い出す。
 渚が演劇部で演じた、“終わってしまった世界の話”を。
・大雪に見舞われ、交通機関まで麻痺したその日、渚は出産を迎えてしまう。
 2週間も早く訪れてしまった運命の時間。
 病院での出産の予定だったが、自宅での出産に切り替えることに。
 永遠に続くとさえ思えた苦痛の時間。
 それを経て、渚は無事に汐を出産する。
 予想もしない形ではあったものの、自宅で出産できたことを喜ぶ渚。
 朋也は、汐を加えた3人で描くであろう未来に思いを馳せる。
・「疲れてしまったから眠らせてほしい」と言う渚。
 その言葉は、朋也にこれ以上ないほどの不吉な予感を抱かせる。
 渚の意識をつなぎ止めようとする朋也。
 それも虚しく、渚は眼を閉じてしまう。
 最初から出会わなければ、関わりさえ持たなければ。
 そうすればこんな苦しみを味わわずに済んだのではないかと朋也は絶望する・・・。
 


〈感想〉
いずれこうなるだろうな、とは大方の予想だったとは思いますが。
しかしなあ、やっぱりきついですね。
街が変わることへの拒否感はコレの前兆だったと。
どれだけ嫌と言っても変えようのないことではあるんですが。

何もよりによって大雪の日にねえ。
しかも予定日より2週間前というツキのなさ。
・・・とか言って「実は眠っただけでした」とかだったら怒りますよ(笑)
さすがにあの状況でそれはないとは思いますけど。

ここで腐って終わるか、めげずに生きるかが運命の分かれ道。
と言ってももう汐は生まれちゃってるわけで、その辺の責任はあるかと。
ようやっと朋也父が表に出てくる・・・のかな?
同じ道に走るか、それとも別の生き方を選べるか。
いずれにせよこの先数回はハードな展開になりそうですね。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1152-628e5c67
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。