スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:機動戦士ガンダム00(第2期) 第16話『悲劇への序章』

 2009-01-25
青いタオツーはもはやタオツーと呼べない気がする。
〈今回のあらすじ〉
・連邦軍クーデター勢力は、アフリカの軌道エレベーターを占拠。
 目的はアロウズの蛮行を世に知らしめることだった。
 だが連邦の強固な情報統制の前に、真実は歪められてしまう。
・連邦軍の密使として、首謀者ハーキュリーと対面するセルゲイ。
 巻き込まれたステーション内の市民とて、“無関係な人々”ではない。
 政治と軍を堕落させた責任の一端は彼らにもあるとハーキュリーは語る。
・アロウズはオートマトンの使用を決定。
 市民をも巻き込んで虐殺を始める。
 市民に真実を明かし、連邦とアロウズへの疑念を抱かせる。
 それだけが目的であるため、ハーキュリーは市民を地上へと脱出させる。
 ところが連邦は、クーデター犯が市民を殺していると報道。
 撮影映像も巧妙に改竄されたものになっていた。
 それでも、地上に降りた市民が真実を漏らしていく。
 ハーキュリーはそう信じていた。
・マスラオの猛攻を受けるダブルオー。
 刹那もトランザムを起動し、両者は拮抗する。
 トレミーとの合流によりマスラオは撤退。
 開いてしまった肩の傷に、意識を失いそうになってしまう。
 薄れゆく意識の中で刹那は思う。
 世界とともに、戦いしかなかった自分もまた変革していくのだと。 
・軌道エレベーターを包囲していたアロウズは外縁部まで撤退。
 落下状況を考慮した布陣は、新造のメメントモリを回避するためのものだった。 
 


〈感想〉
妄信できるルイスとアンドレイがうらやましいわ。
恐怖政治で安定すると思う方が不思議ですが。
情報操作・統制は翻って現実世界でも言えることなんでしょうね。
某超大国の前大統領も「テロとの戦い」と言ってましたし。
ついでに我が国の首相もつられて同じこと言ってますが。

反抗勢力を「テロ」と言ってしまうのは簡単ですがね。
本当は「何が原因なのか」を知らないといかんと思うんだよなあ。
問題はその「原因」が操作されて見えない、ということなんですが。
でもやっぱり傍から見てると汚いですね(^^;

グラハ・・・もといブシドーは相変わらず邪魔ですな。
戦いを楽しむってスタンスはターンAのギンガナムを思い出します。
こういう人は政治劇にとっては邪魔以外の何者でもないですね。
要するに信条とか思考とか存在しないに等しいわけですし。
ガンダムじゃない世界ならそれなりに活きるキャラだとは思うんですが。

ハーキュリーの蒔いた種が芽を出すかどうか。
その辺がキーポイントになるのかな。
もう連邦もアロウズもさっさと解体してほしいもんです。
そう言えばイノベイター(というかリボンズ)はどう思ってるんですかね。
アロウズ流が正しいと思ってるのか、それとも偽悪的に“演じてる”のか。
仮に後者だったとしても、和解するのはちょっと嫌かも。
にこやかに刹那と握手なんかされた日には寒気がしますし(笑)



スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1149-d5de6183
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第16話 「悲劇への序章」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る アロウズの突然の撤退、それは連邦内部でのクーデター勃発を告げる情報によるものだった。カタロンからクーデターの情報をキャッチした刹那は、ダブルオーの進路をアフリカへと向ける。だがそこで刹那を待?...
【2009/01/26 01:17】
  • 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第16話「悲劇への序曲」【MAGI☆の日記】
    機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第16話を見ました。第16話 悲劇への序曲連邦軍内部でクーデターが勃発し、ハーキュリー達が軌道エレベーターが占拠する。「憎んで頂いて構わない。だが、これだけは断言する。我々は連邦市民の利益と安全を守る軍人だ。故に謝った政治。...
【2009/01/27 13:46】
【2009/01/27 19:28】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。