スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:とらドラ! 第16話『踏み出す一歩』

 2009-01-25
クーデレ・・・なのかな。前会長は。
〈今回のあらすじ〉
・大河が生徒会長になろうものなら、何が起きるか予想もつかない。
 そうなれば北村も立候補してくるだろうと考えた大河と竜児。
 それでも北村は立候補しないまま。
・北村が生徒会長になりたくない理由。
 それは憧れでもあった前生徒会長、狩野に関係があった。
 狩野は会長選挙の前にアメリカに留学する。
 自分が会長になる頃には彼女はいない。
 そう考えたとき、会長になることに意味を見出せなくなったという。
 大河が自ら“当て馬”になったこと、皆に心配をかけていること。
 今のままでいるわけにはいかない、そう言って北村は去っていく。
・髪の色も戻して、大方の予想通り会長に立候補するかに見えた北村。
 ところがやはり会長には立候補しないと決めたという。
 なら彼を待っているであろう大勢の生徒はどうなるのか。
 躊躇っていたその一歩、踏み出す勇気を与えた狩野。
 翌日、大河は立候補を辞退、候補者は北村一人だけになった。
・選挙演説の場で、あろうことか狩野への思いを伝える北村。
 真正面から答えることなく、狩野は学校から去ろうとする。
 北村の思いにも、自分自身からも逃げていると憤り殴りこみに行く大河。
 大河は狩野の秘めたる思いを知ってしまう。
 好意があると知られれば、北村はどんなものを犠牲にしても付いてこようとする。
 だからこそ、正直に向き合うわけにはいかないのだと。
 二人のやり取りの一部始終を聞いてしまった北村。
 「好きになれて良かった」と、北村は心から感謝の言葉を口にする。
・狩野は最後の日をつつがなく終え、アメリカに出立。
 北村は“可哀想な奴”の代名詞をもらいながらも会長に当選。
 一方、殴りこみで謹慎処分になった大河。
 日がな一日退屈な大河のもとに、「ちゃんと学校に行け」と狩野から手紙が。
 大河が狩野に送ったエアメールはただ一言、「バカ。」だけだった。 



〈感想〉
いくら何でも演説の場で告白はしないだろう・・・。
あるいは殴り込みなんて大した意味はないだろうとか。
演出過剰という印象も若干拭い去れなかった今回。
まあ、若気の至りということでいいんじゃないでしょーか(^^;

狩野会長は恋愛とか興味ないと思ってましたけど。
ちゃんと好意があった上で、その先まで考えてたんですね。
というか「任期を全うするまで来るんじゃねー」とか言えば良かったんじゃ?
北村も頑固ですけど、それくらいは聞き入れたと思いますけどね。

大河は自ら汚れ役を買って出たのかな。
相変わらず暴力でしか表現できない人にも見えますが。
ただ今回の場合、明らかに北村という“他人”を気遣ってのことなんだよなあ。
その点では以前より確実に進歩してるんでしょうね。
結果的に、北村の思いを勝ち得るのは無理だと気付いちゃったみたいですが。

気にかかるのは、みのりんが抱えていたらしい「罪悪感」。
亜美は気づいてたみたいですが、こっちは完全にポカーンなんですが(苦笑)
たぶん大河に対する罪の意識だと思うんだけど・・・。
狩野の思いに薄々感づいてて、それでも大河を止めなかったこととか?
それも予想の範疇を出ませんけどね。

次回は大河vs・・・名前分かんないや(中の人があいぽんの人です)。
どっちも北村にとっては眼中にないはずなんだけどね(笑)


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1143-07935698
  • (アニメ感想) とらドラ!第16話 「踏みだす一歩」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    とらドラ! Scene2(初回限定版) [DVD]クチコミを見る 突然、生徒会長選に立候補した大河。生徒達は彼女の掲げた公約に唖然とする。だが、そこには大河なりの思惑があった・・・。
【2009/01/27 15:24】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。