スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:機動戦士ガンダム00(第2期) 第15話『反抗の凱歌』

 2009-01-18
今回から新ED追加。
〈今回のあらすじ〉
・刹那だけでなく、その場にいた誰もがマリナの歌声を聴いた。
 サーシェスは撤退、刹那はマリナのいるカタロン基地に戻ってきた。
 撃たれた方の傷に呻き、刹那は意識を失ってしまう。
・連邦軍内にはクーデターの動きがあった。
 首謀者はセルゲイの旧友。
 セルゲイが軍規に逆らうことはない。
 それをよく知っているため、手出しをしないことだけを要求する。
 正しい政治のもとでなければ、軍は正常に機能しない。
 軍を本来あるべき姿に戻したいと彼は告げる。
・カタロンの補給を受け、移動を重ねながら補修を続けるトレミー。
 だが無情にもアロウズの追撃が迫る。
 戦力を集中し、殲滅を目論むアロウズ。
 ダブルオーを欠き、トレミーは窮地に陥ってしまう。
 残る戦力はGNアーチャーのみ。
 マリーは出撃許可をスメラギに要請する。
・傷も治らないまま、トレミーとの合流のため出撃する刹那。
 「次に会った時は歌を聞かせてほしい」と、刹那はカタロン基地を後にする。
・刹那の合流より早く、アロウズは撤退を開始。
 軌道エレベータが連邦軍のクーデターに遭っていた。
 トレミーもそこへ向かうだろうと、刹那は移動方向を変更。
 そこに待っていたのは、ブシドーの新型、マスラオだった。
 マスラオはガンダムと同じようにトランザムを起動する。



〈感想〉
マリナの歌が聞こえたのは何でだろう・・・。
GN粒子とか脳量子波ではなさそうですが。

本人たちより子供の方がよく分かってるわ。
どう見ても(一応)カップル成立ですね。
しかしまあ空気の読める子どもたちだこと(笑)

GNアーチャー出撃未遂、刹那も合流なし。
なんか肩透かしっぽい展開が続きましたね。
刹那はあの傷でまともに戦えたとは思えないですが。
とりあえず、マスラオをどう扱うかが問題ですかね。
あのトランザムは純正GNドライヴと同じもんなんでしょうか。
疑似GNのトランザムならペナルティもありそうですけど。
エイフマン教授にしろビリーにしろ、そこまで解明したとも思えないですし。
言っちゃ悪いですが猿真似くらいじゃないのかなあ(^^;

で、反勢力のクーデター発動。
もともと力で押し込めようとしたのはアロウズだしなあ。
さらにはイノベイターの方針が間違いだったとも言えますが。
そういえば、人類統一後に外宇宙に出る話はどうなったんですかねえ。
ただ戦争を終わらせるだけじゃなくて、イオリア絡みの秘密も残ったまま。
その辺まで含めてうまく終われるのか、ふと気になっちゃいました。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1142-5badc766
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd. 第15話 「反抗への凱歌」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る カタロンの補給を受け、修理をしながら巡航するプトレマイオス。連邦の包囲網を抜けるために、ダブルオーの戦力は必須だったが、刹那はいまだ帰艦せずにいた。防戦一方のプトレマイオスだったが、そこに連?...
【2009/01/19 01:21】
【2009/01/20 08:01】
  • 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第15話「反抗の凱歌」【MAGI☆の日記】
    機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第15話を見ました。第15話 反抗の凱歌一方、クーデター派との接触を図りに向かったカタロンのクラウスの乗る飛行機を盾に取ろうとするサーシェスを追い詰める刹那だったが逃げられてしまう。「何故俺は戦いを…」刹那は傷を負ったまま、...
【2009/01/20 13:46】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。