スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:鉄のラインバレル 第15話『ベクトル』

 2009-01-18
朝起きたら隣に女性まがいの美少年が・・・。
〈今回のあらすじ〉
・日本新政権に屈し、抵抗を諦めるJUDA。
 その中にあって、浩一たちだけは逃走を続けていた。
 JUDAは悪の結社としてマスコミに報道されていた・・・。
・マキナを使えない状態にあるシズナやイズナ。
 力がなければ年相応の子供にすぎない。
 それを知ってか、彼らに追及の手は伸びていなかった。
 とは言え、状況を甘受することはできない。
 そう考えた山下と美海は密かに行動を起こす。
・衛星破壊作戦で縁のあった在日米軍にかくまわれていた浩一と絵美。
 絵美は夜な夜な夢にうなされていた。
 思い出さなければならない、しかし同時に苦痛でもある記憶。
 そんな悩みを抱える絵美。
 変装して街を抜け出してきた山下と美海は二人に接触。
 米軍に伝えなければならないことがあると美海は言う。
・加藤機関は全世界に向けて攻撃を開始。
 反抗するものは滅ぼす、その意思を示しはじめていた。
 ラインバレルのみを狙っているという加藤機関。
 責任感から、浩一たちはラインバレルを呼ぼうとする。
 それこそ連中の思う壺、戦える者はいなくなってしまう。
 浩一たちは未来を託される・・・。
・浩一たちを明け渡すまいとし、米軍基地は壊滅。
 自分は誰も守れない、ただの疫病神でしかないと絵美は悲観する。
 だれよりも強くって絵美を守る。 
 浩一は誓いを胸に絵美と向き合う。



〈感想〉
浩一母と妹、そんな歌程度で浩一が戻ってくるわけないでしょ。
説得としても三流以下というか、反応しようがないかと。

投票率0%で支持率100%ってか!?
それって投票なのかどうか気になるんですが(^^;
美海が男で山下が女に変装してたり。
小ネタっぽい部分は相変わらずさえてますな。
やっぱり絵美の胸は気になるところ。
そりゃ浩一でなくともあの服装ならねえ(笑)

ジュディさんもいいキャラだったんだけどなあ・・・。
社長と同じように、この人も浩一たちの指針になるキャラでしたね。
先々のためラインバレルを温存して犠牲を受け入れる・・・。
ある意味では仕方ないことなんだけど、どうも違和感が。
大を救うために小を犠牲にするというか。
考え方としては某Fat○の弓兵さんっぽいですけど。

一時の感情だけで動かない賢さを覚えた正義の味方。
敵になる存在なのに、加藤はそれも喜んでるような感じ?
征服できればそれでよし、そうでなくとも浩一がステップアップすればOK?
だとすると本当の目的は世界征服とかじゃないんですかねえ。
先日の黒ラインバレル覚醒もあえてそうなるように仕向けた感じでしたし。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1140-4a0706e5
  • (アニメ感想) 鉄のラインバレル 第15話 「ベクトル」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]クチコミを見る 浩一と城崎は、横須賀の米軍基地に保護された。衛星兵器の破壊作戦で協力した、ジュディ・ブラウンの力添えだ。少しずつ記憶を取り戻しつつある城崎は、それを思い出すのが怖いと浩一に吐露する。不安で押しつぶされそうな...
【2009/01/22 07:02】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。