スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:明日のよいち! 第2話『ようこそ翼高(ヨッコー)』

 2009-01-18
学校の話って半分もあるかないか(笑)
〈今回のあらすじ〉
・いぶきやあやめと同じ高校に通うことになった与一。
 クラスメイトからは“同棲”だとはやし立てられてしまう。
 山奥で教師もなく、人間の生徒は自分だけという環境にいた与一。
 興味本位に集まってくる女生徒に囲まれて鼻の下をのばしてしまう。
 いぶきは「浮羽神風流が地に堕ちる」とお説教。
・不良生徒、鷲津は与一がいぶきを悲しませていると勘違い。
 いぶきに思いを寄せる身としては捨ておけず、与一に勝負を挑む。
 見た目とは裏腹な思いの真っ直ぐさを感じ取った与一。
 与一は木刀を使わず、あえて対等に徒手空拳で応じる。
 それもつかの間、鷲津の手には隠し武器が。
 与一の期待は失望へと様変わり。
 「そんなものがなければ伝えられない思いなのか」と絶望する。
 純粋な拳での勝負にならいつでも応じる、と与一は鷲津を圧倒。
・下山して翌日の登校のためか、体調を崩してしまう与一。
 腕ずくでも寝かしつけようとするいぶきを“暴力的”と感じてしまう。
 両親がいなくて、道場の維持と妹の躾に励んできた。
 そんな事情も知らなかったことを与一は後悔する。
 一方のいぶきも、与一の急激な環境変化を考えなかったことを後悔していた。
・与一を心配する気がないわけでもないあやめ。
 四女かごめの助けを借りて雑炊作りに挑戦。
 それでも頭をよぎるのは、「何をしても姉には勝てない」という思い。
 よくやった、頑張ったと素直に褒める与一の言葉。
 それだけで、何度も味わってきた劣等感は薄れていく。
 それまで家族でさえ忘れつつあったあやめの笑顔。
 与一はまた一つ新たな発見をしたのだった。



〈感想〉
武士道は遊ぶことと見つけたり(笑)
鷲津ビジョンはいちいち面白いなあ。

まあ兄弟姉妹、何かと比べられちゃうのは世の常ですが。
考えてみればまるっきり同じ環境、関係で育つ人はいないわけで。
もともとの性格もですが、姉と妹ってだけでも関係性は全く違うし。
同じに育つとは限らないんですけどね。

純朴で単純明快、それゆえに好かれる存在かな、与一は。
さすがに男としての本心も隠せないようですけど(笑)
しかし教師なし毎日自習、しかも半日だけって・・・。
それ建物が学校ってだけでは(^^;

まだ三女四女にスポットが当たってない気もしますが。
次回はもう新キャラ追加ですか。
順番が逆のような気もするけど、まあいいか。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1138-26c81530
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。