スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:鉄のラインバレル 第12話『南海より愛をこめて』

 2008-12-21
山下きゅうううううううんんん(笑)
〈今回のあらすじ〉
・任務と聞かされて南海の島にやってきた浩一たち。
 ところがやはり社長の真の目的はリゾートだった。
 南海の風景に見入る絵美。
 その景色もまた、浩一が命がけで守ったものなのだと改めて痛感する。
 自然と見つめあってしまう浩一と絵美。
 だが思わぬ邪魔が入ってしまい・・・。
・真剣な面持ちで、一人で小さな墓に手を合わせる石神。
 同じように墓参りをし、王政陸の名も刻んだのは加藤だった。
 理想に殉じた仲間のためにも、引き返すことはできないと言う加藤。
 加藤は石神に「戻ってくる気はないか」と問いかける。
 犠牲を是とする加藤と、それを否定する石神。
 自分が死んでも、志は継がれていくと石神は断言する。
・絵美、山下、美海、レイチェルが次々に行方不明に。
 探しに出た浩一たちだったが、理沙子が謎の触手に捕まってしまう。
 その正体は巨大イカ。
 絵美たちもそのイカに捕まっていた。
 颯爽と現れたのは加藤機関幹部のジャック・スミス。
 自分の蒔いた種だからと、イカを切り刻んで去ってしまう。
 加藤機関もその島にいたとは浩一たちはつゆ知らず。
・南海のリゾートで鼻血を出し過ぎて元気のない浩一。
 岩場で休む浩一に、理沙子は心配して声をかける。
 ふらついて立てない浩一に引っ張られて、一緒に倒れてしまう理沙子。
 その勢いで、理沙子は浩一にキスをしてしまう・・・。
 


〈感想〉
真冬なのに水着サービス回。
なんか色々とすごかったなあ。

山下君は森次にお土産用意中だったのか。
戻ってきたころには食料も一切なくなってるんだろうなあ。
浩一が失血したのも山下が一番の原因か(笑)

個人的にはイズナのほうが気になるけど。
大人の階段のぼっちゃったんかなあ・・・(^^;
セリフだけでつい邪な妄想しちゃっていかんですな。

あとの面々はみなさん触手プレイでwww
というかなんだよあのイカ。
海の底から引き揚げられたのか。
自分の蒔いた種、ってのは食料にするつもりで逃げられた、とかかな。
まあ思わぬところで理沙子に惚れてたけど。

辛抱たまらなくなったのか先に行動を起こしちゃった理沙子。
絵美も気にしてるみたいだし、お互いにライバル意識満々か。
場合によっちゃシズナと美海も入って・・・こないか。

社長と加藤の対面もあったのに、ここまで一言も感想書いてない(笑)
だってほかの要素が刺激強すぎて・・・。
とりあえず、裏切ったのは方針の違いが大きいのかな。
目指す先はほぼ同じような気もするけど。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1119-1ac3200f
  • (アニメ感想) 鉄のラインバレル 第12話 「南海より愛を込めて」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)クチコミを見る 慰安旅行で、南の島へとやってきた浩一たちJUDA特務室メンバー。石神社長のお茶目な計らいで、なぜか理沙子と道明寺までいる。理沙子と城崎のどちらが本命なのかと道明寺に問われ、浩一?...
【2008/12/22 05:57】
  • 鉄のラインバレル 第12話「南海より愛をこめて」【のらりんクロッキー】
    単なるサービス回でない所が素晴らしい! 水着サービスをしっかりやりつつ、今後の伏線をキッチリ張ったり、 しっかり見せ場もあったし、もちろんギャグも。 非常に内容の濃い1本でした。 アバンは最初わけわかんなかったけど、こちらもしっかり話につながってまし...
【2008/12/24 09:08】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。