スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:CLANNAD ~AFTER STORY~ 第12話『突然の出来事』

 2008-12-21
まさしく予想外の展開。
〈今回のあらすじ〉
・朋也が未だに父親に何も告げていないことに不安を抱く渚。
 平日はクタクタになるまで働いている、休日くらい渚といたいと話す朋也。
 今すぐでなくても、いずれ会いに行こうと渚は言うが・・・。
・朋也に転職の話が舞い込んできた。
 知り合いの会社で、現場監督を育成したいとのことで推薦されたという。
 突然の話で決断のつけようもない朋也。
 給料も上がるし、将来を考えれば迷うこともないだろうと芳野は助言する。
 昔話を聞かせてやろうと言い出す芳野。
 それはある一人の歌手の話だった。
・学生の頃から歌手に憧れ、大学に進むことなく歌手の道へと進んだ少年。
 自分の思いに忠実に歌を作り、それは多くの人を魅了した。
 だがいつしか、歌が自分のモノだけではないと気付いた。
 多くの人がそれを拠り所とする、その重さに耐えかねた。
 そしてその果てに薬物を乱用、あとは転落していくのみとなってしまう。
 目指す道を見失ったことを、その少年はずっと後悔している・・・。
・転職への意思を固めつつあった矢先、朋也の父が逮捕されてしまう。
 時期も悪く、転職の話は撤回に。
 今まで通り働けはするものの、朋也は街を出たいと望む。
 街を出るのはいい、でもそれは前向きな気持ちでないと、と渚。
・不承不承、父との面会に向かった朋也。
 何の言葉もない父の姿に、朋也は怒りをあらわにする。
 抱いていた微かな期待を裏切られた、その悲しさを押し殺して。
 ヤケになりそうになる朋也を必死に押しとどめる渚。
 ひとまず落ち着きを取り戻した朋也。
 朋也は渚に結婚を申し込む。
 躊躇いもなく受け入れてくれる渚が信じられない朋也。
 「二人でならきっと強くなれる」と渚は言う・・・。



〈感想〉
はあ・・・。
ほんとに色々と突然過ぎて呆然とするしかないなあ。
そろそろ折り返しというところで結婚か。
結末がどうなっていくのか全く想像もできない(汗)

こちらも予想外で芳野の過去話。
聞きながら「当初の意思を見失ってるな」とは感じてたけど。
だって、救われてたのは芳野が自分の思いを語ってたからだし。
「誰かのため」は大事だけど、白々しく聞こえたらそりゃ終了だわ。
後悔してるからこそ、朋也には同じ道を歩まないでほしいと。
まあ余談ですが、公子さん姉さん女房だったのか。
てっきり同級生くらいだと思ってたのに。
まあ新任っぽかったし、せいぜい5歳くらいだとは思うけど。

さすがに朋也父もよく分からなくなってきたなあ。
そもそも、この人に親としての愛があるのかは全く読み取れないし。
高校以前にどんな風だったのかもあまり語られてないし。
なんか「奥さんがいなくなって酒浸り」だったんだっけ?
それは親としてあまりにひどいと言わざるを得ないけど。
でも彼なりに朋也を気にかけてた・・・ような記憶が。

とりあえず一言。
無軌道な結婚は将来が心配。
違う形で不幸にならないとも言えないような。
そこはもちろん大丈夫だとは思うけど。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1118-6dd2c168
【2008/12/22 06:13】
  • CLANNAD AFTER STORY 第12話「突然の出来事」【のらりんクロッキー】
    アニメディア1月号情報によると、年内は最後のお話の今回。 サブタイどおり突然の連続でしたね。 仕事の飲み込みも速く、芳野さんにほめてもらっててれる朋也。 一見順風満帆に見えた新生活。 渚は朋也がオヤジさんといまだに連絡を取っていないことを気にしていた…...
【2008/12/24 09:08】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。