スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:鉄のラインバレル 第11話『SUPER NOVA』

 2008-12-14
サブタイトルは英会話教室のことじゃありません(笑)
〈今回のあらすじ〉
・軍事衛星から放たれる砲火が地上何か所にも降り注いでしまう。
 山下は反射ミラーの破壊、浩一は再チャージまでの間に加藤機関を退けること。
 それぞれに任務が与えられるが、浩一は敵のアルマ、ヤオヨロズに苦戦する。
 衛星制御にシステムを割いているため、ヤオヨロズは動きの大半をオート化。
 それに気づいた絵美は動きを分析し、予測地点に向けて山下に砲撃を指示する。
 3人が協力し、ついにヤオヨロズを撃破に成功。
 ・・・かに見えたが、それはヤオヨロズの重厚な外装を破壊したのみ。
 もはや全人類が助かるには、加藤機関に降伏する他ない・・・。
・浩一の背後にある地球。
 それが今の浩一に背負わされているもの。
 その重さに苦しみつつ、浩一は高揚感に満たされていく。
 リミッターを解除しエクゼキューターを起動するという浩一。
 エネルギー切れで落下軌道に入っても、山下が拾ってくれることを信頼して。
 放たれるエクゼキューターの光と、四散して流星となる衛星の破片。
 その中で、浩一は世界を救った喜びに満たされていた。
 きっと矢島も喜んでくれるだろうと。
 大気圏に突入するラインバレル。
 上空で待機していた山下は、何とかラインバレルを回収することに成功する。
・全くの偶然にファクターになった浩一には、何も背負うものがなかった。
 手にした力、守るべきもの。
 それを自覚させたかったと語る石神。
 そして個人的に“正義の味方が生まれる瞬間”を見たかったと。
・絵美にクリスマスプレゼントを手渡し、早々にJUDAを後にする浩一。
 浩一は馴染みの仲間と新しいメンツの加わったパーティーへ。 
 浩一がくれたペンダントを、絵美は嬉しげに見つめていた。 



〈感想〉
なんか頼りない感じもするけど(?)普通にヒーローっぽい。
「上等じゃねえか」的な武者震い隠し(と言うのか?)なんかは特に。
よくよく考えれば、あそこで奮起できるのも結構な度胸がないと難しそう。
確実な勝算でもあれば別なんだけど・・・。

王政陸は戦死か・・・。
加藤はあまり痛手とも思ってないみたいだけど。
目的達成が第一だから、その辺はドライなのか?
次の段階って何だろう。
そう言えば、あの黒いドーム空間って何だったんだ?

相変わらずお色気サービスを忘れない真面目さ健在(笑)
けっこう乳揺れ目立つんだよなあ。秘書さんと理沙子が。
そのうち美海も加わるんじゃないかと期待し(以下略)

浩一は絵美ルートで行きたい模様か。
他にもシズナと美海が狙ってたりするんだよな。
正義の味方っていいなー。
そりゃ道明寺みたいにJUDAに憧れたりもしますわ(笑)


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1112-1c37c49b
  • (アニメ感想) 鉄のラインバレル 第11話 「SUPER NOVA」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]クチコミを見る 浩一と山下を宇宙で出迎えたのは、加藤機関の王政陸。彼は、アルマ・ヤオヨロズで衛星兵器を制御し、世界各地に同時攻撃を仕掛けていた。浩一はヤオヨロズの撃破を狙うが、予想のつかない相手の動きと速さに苦戦を強いられ...
【2008/12/15 09:34】
  • 鉄のラインバレル 第11話「SUPER NOVA」【のらりんクロッキー】
    見ごたえが最高!!神回けって~い!! 今回は非常に名セリフが多かったような。 春原王政陸はかなりの難敵でしたね。阪口君の熱演も相まって、いやらしさといい憎さといいこれぞ悪役!ってキャラでした。浩一とラインバレルがあそこまで追い詰められるとは。そこから...
【2008/12/17 11:43】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。