スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:CLANNAD ~AFTER STORY~ 第11話『約束の創立者祭』

 2008-12-14
大人の遊び指南(笑)
〈今回のあらすじ〉
・渚が毎日会いに来てくれるおかげで、日々に活力が見いだせる朋也。
 それでも、つい仕事のことが頭をよぎってしまう。
 右肩を壊していることを話せない朋也。
 話してしまえば仕事をさせてもらえなくなるかもしれないから。
 一人になったら孤独なのではと心配する渚。
 渚が帰ったらすぐ寝るから心配ないと朋也は言うが・・・。
・進学しない渚でも、皆と同じように勉強はしたいという。
 週末に出かけたかった朋也だが、渚は模試を受けるとのこと。
 なぜか秋生と出かけることになった朋也。
 “大人の遊び”を教えると言って、実際はただのチャンバラ。
 その上、早苗の背中にトカゲを入れてみたり・・・。
 翌々週の日曜は、学校の創立者祭があるという。
 朋也は渚と一緒に行くことを約束する。
・少しずつ仕事にも慣れ、職場でも評価を受け始めた朋也。
 近々大きな仕事が来て、休日出勤もあるかもと聞かされる。
 嬉しい反面、それは嫌な予感も感じさせ・・・。
・朋也の右肩のことは、芳野もすでに気づいていた。
 仕事の手順そのものには何も問題なく、言ってどうにかなるものでもない。
 できないことは補い合う、それでいいのだと教えられる朋也。
 大事なのは、大ケガでもして渚を悲しませないことだと。
・創立者祭の前夜、急な仕事を預かった朋也。
 作業自体は簡単だからと、引き受けることに。
 ところが翌日、その仕事にミスが発覚。
 見抜けなかった自分に問題があったと、芳野は一人で作業していた。 
 責任をとりたいと言う朋也に負けて、芳野は指示を出しはじめる。
 結局、学校に行けたのは夕方になってから。
 それでも渚は笑って許してくれた。
・ミスを咎められるのではと思いながら出勤した朋也。
 失敗することは誰にでもあり、それをどう補うかが大事だと教わる。
 その点では朋也はよくやったと褒める芳野。
 それでもまだ足りないなら、後輩ができた時にフォローすればいいと。
 ようやく出来上がった「岡崎」の名札が、朝日に眩しく光っていた。



〈感想〉
正直いうと朋也がうらやましい・・・。
いや、渚みたいな可愛くて理解のある子がいるということでなく。
それもあるんだけど、むしろ仕事のほうで。
もちろん成果なんて出してないんだけど、労われたこともないなあと。
結構モチベーション的には大きいんだよなあ。
まあ余談なのでこの辺で(汗)

しかし渚いい子すぎるわー。
下手したら「仕事のほうが大事なんだろ」みたいになりそうだけど。
それも今までの信頼が大きいのかな。
今のところ健康そうだし問題なさそうに見えるけど。
ただそれが余計に不安をあおるんだよなあ(^^;

何やら次回は波乱の気配で。
「見失うなよ」っていう芳野の言葉がすっごい不安。
まさか渚と距離が開いたりなんてことは・・・。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1111-abb5d74b
【2008/12/18 09:22】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。