スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:夜桜四重奏 第10話『イバラミチ』

 2008-12-06
世界設定が明かされないのがアダか。
〈今回のあらすじ〉
・世界全体のために、桜真町はあえて犠牲になる。
 それが元老院の決断だった。
 町民の身をどう振らせるか。
 それがヒメに突きつけられた、町長としての最後の務めだという。
・ヒメに断りもなく、町民の避難先の手配をしていた秋名たち。
 それは逃げなのではないかとヒメは憤る。
 円神という問題から目を背けたいだけなのではないかと。
・円神が放ったと思しき、巨体化した妖怪が町を襲う。
 自分の力で町を守らなくてはと思い詰めて、一人で戦おうとするヒメ。
 秋名や恭助、ことはたちに助けられてばかりいる。
 それが今も変わっていないと、ヒメは無力さを感じてしまう。
・結界が解け、外部からの円神の妖力で七郷が支配されてしまう。
 どれだけ励んでも、精一杯やったつもりでも何も変わっていない。
 町は守りたい、それでもギンを諦めたくないと本音を口にするヒメ。
 まずはギンとの約束の通り町を守ること。
 秋名たちはその方針で一致する。
 いずれヒメの力が必要になる。
 その時まではと、秋名はヒメを休ませることに。



〈感想〉
七郷を切ると町が滅んで、切らなければ世界が滅ぶ?
そもそも、七郷の役目が何なのか分からん・・・。
結界がなくなると送られた魂が戻ってくる、ってのはありましたが。
円神は桜真町への復讐だけが目的だってことか?

まあそんなわけで、もやもやを抱えたまま本編を見なきゃいけない羽目に。
町を守ってギンも助けたいというヒメの本音もきっちり明かされて。
それ自体は前々から分かってたけど、演技がうまかったなあと。
思わずこっちまでもらい泣きしそうになったほど。
そう言えばヒメの中の人が出てくる作品はあんまり知らないなあ。

たぶん1クール作品のはずだけど、今後の展開が不安かな。
なんか上手くまとまらないような予感がするのは気のせいか。
「町を守るにはチューニングしかない」ってなると振り出しかも?
そもそも円神が何をしたかは未だに分かってないんだけど。
送られるのに相応な理由とかあったりして。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1103-6331008a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。