スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:夜桜四重奏 第9話『ユクサキニ』

 2008-11-29
結局、過去の経緯はあまり明かされなかったなあ。
〈今回のあらすじ〉
・七郷が咲いたことによる異変。
 送られた妖怪の魂にふれた者は、体調に異変をきたしてしまう。
 力の制御ができない、あるいは妖怪の体質が異常に発現してしまう。
 七郷が咲き、結界が失われてしまったためだった。
・円神をチューニングしていれば、町は平穏なままだった。
 ギンを諦めきれなかったせいだと、恭助は秋名を責める。
 「ギンはもう死んだ」と口にしてしまう恭助。
 すぐ近くにアオがいるとも気付かずに。
・たとえ魂が残っていたとしても、もうギンは助けられない。
 アオはそう言って、実の兄を諦めようとする。
 ギンを忘れることはできないという秋名。
 円神をどうにかしなければならないことは分かっているが・・・。
・町を守るため、元老院は一つの決断をヒメと秋名に提示する。
 それはすべての七郷を伐ってしまうことだという。



〈感想〉
円神は一回チューニングされて、戻ってきてギンを乗っ取ったのか。
乗っ取られた時は秋名がチューニングしなかったんで今に至ると。
ギンの中にはもともとのギンと円神の魂があるってことか。
ところで円神はどうやって結界の中に入り込んだんですかねえ。
ギンは七郷の内側にいたと思われるのですが・・・。

町を救う道が七郷の伐採とはこれいかに。
結界がなくなったら魂が戻ってくるはずでは。
桜真町に固まってないで散り散りになれば生きていけるってこと?

ヒメも本心からギンまで倒したいとは思ってないだろうなあ。
ことはが望むような中立は来るのか来ないのか。
円神をどうにか説得できればベストですけどね。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1096-534f4b7e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。