スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:夜桜四重奏 第8話『ソノトキヲ』

 2008-11-23
ストーリー的にはようやく動いた?
〈今回のあらすじ〉
・七郷を咲かせるため、地中深く張り巡らされる根のある祠に向かおうとする円神。
 祠への鍵は秋名が持っている。
 隙を突かれ、鍵を奪われそうになる秋名。
 秋名は咄嗟に鍵をヒメへと投げて渡す。
 篠塚に場を任せ、円神はヒメを追う。
 篠塚を一人で引き受け、ことはは恭介をヒメの加勢に向かわせる。
・ヒメが貫いたのは、思念波が見せた偽の姿。
 ヒメの心に大きな戸惑いがあったと、円神はサトリの能力で見透かしてしまう。
 恭介が割って入っても、その劣勢は覆ることはなく。
 ヒメは鍵を奪われて意識も失ってしまう。
・円神が送られた世界。
 そこは人間からはじかれた妖怪の行く、ただひたすらに何もない世界だという。
 七郷を咲かせることで、町はその世界とつながってしまう。
 秋名はヒメの命と引き換えに、鍵を開けさせられてしまう。
・無数に枝を伸ばし、花を咲かせ始める七郷。
 結界が弱まれば、送られた妖怪が戻ってくる。
 それだけは避けねばと、ヒメは苦渋の末に七郷を傷つける選択をする。



〈感想〉
なんか設定自体が分かってないので微妙・・・。
そういうのはちょっと遅れて明かされると分かってても。
送られた魂はどこへ行くのか。
円神のセリフからして、たとえば封印世界みたいな?
というか、そもそも円神本人がどんな人だったのか。
「俺が送られた」とかいうからには妖怪だったのか。
ギンといつ接触したのかも分からないですが。

七郷が咲くと大変、というのは分かりましたが。
そもそも、あの結界は外部の人間世界と断絶するためだとばかり。
送った魂が町に戻らないように、ということ?
なら決壊の外は送られた魂がうろつくんでしょうか。

・・・そもそもその辺、何も分かってなかったと気付かされます。
ちゃんと話聞いてなかったのか、それとも説明不足なのか。
事情も分からないまま混乱しっぱなしで30分終わってました(汗)


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1089-615c981f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。