スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:カオス;ヘッド 第5話『先導』

 2008-11-09
脳内妄想がダダ漏れ(笑)
〈今回のあらすじ〉
・街中で見かけたセナに、ディソードをどこで入手したか尋ねようと尾行する拓巳。
 ところがあっさりと見破られ、罠にかけられてしまう。
 世界の“エラー”を探しているらしいセナ。
 もしも見せられている現実が本物ではなかったとしたら。
 電気信号を操作して虚構を現実と認識させ、果ては肉体まで操ってしまう。
 そんな空想のような理論を示し、「世界を疑え」とセナは拓巳に要求する。
・もう一度話がしたいという優愛のメールを受け取った拓巳。
 いわれのない疑いをかけられたくないと、拓巳はネットカフェに避難する。
 それも読まれていたのか、拓巳はあっさりと見つかってしまう。
 もう人殺しを重ねないでほしいと訴える優愛。
 拓巳を多重人格者だと思い込む優愛は、治療のために病院に連れて行こうとする。
 多重人格でないという保証もないが、優愛とかかわってはまずいと判断した拓巳。
 食い下がろうとする優愛を振り切って、拓巳は夜の街を走る。
・拓巳はあやせに助けられて、何とか追手を振り切る。
 無実だとしても、関わったことには必然があるのだろうというあやせ。
 剣を探せと求めるあやせは、拓巳の買ったディソードが偽物だという。
 現実世界とは別の次元にあるディソードを取り出すあやせ。
 ディソードは現実世界を超える、ある種の妄想の産物でもあるらしい。
 そして拓巳にも、妄想を具現化する力がある。
 拓巳はひそかに妄想していた、スク水姿のあやせを具象化してしまう。
 渋谷という街がなぜ人を集めるのか、そんな唐突な問いを発するあやせ。
 それはディソードと同じように、神とでも言うべき超越者の導きだからだという。
 ディソードを入手する方法など存在せず、それは感得するものだというあやせ。
・拓巳はネット仲間から、とある動画のリンクを受取る。
 それはニュージェネ事件のひとつ、集団飛び降り自殺の直前の映像。
 その中の一人は、「その目だれの目」とまたも拓巳と関わりのある言葉を発する。
 ふと、撮影者の目線の高さと車輪の音に気付いた拓巳。
 察するに、映像を撮ったのはあの“将軍”・・・。
 


〈感想〉
警察から逃げてる人間が競水とかスク水とかの妄想するもんかな(笑)
まあ現実逃避だったのかもしれませんけど。
それだけならまだしも、妄想が実体化して他人に見られたら嫌ですね(^^;

どうも現実だと思ってる世界にはところどころ虚構世界が混じってるっぽい?
虚構を破れる力がある人はディソードを手に入れたりできるんでしょうか。
あるいは拓巳みたいにスク水を具象化できたり(笑)
拓巳をニュージェネに関わらせようとしてるのは将軍なんだろうか。
わざわざ事件現場の写真なり映像なり送って。
極めつけは「その目だれの目」なんでしょうけど。
将軍がなんでそこまで拓巳に詳しいのかは知りませんが。

あとは重力異常ですか。
歪みのある地点では何かしら怪奇事件が起きるとか?
それと虚構世界とか妄想とどう関わるのかは予想もつきませんが。

・・・今回も分からないことだらけだなあ(汗)
引き込まれれば続きが気になる展開だとは思いますが。
たいして興味のない人にとってはじれったいだけで地獄でしょうな(苦笑)


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1078-4cd13a95
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。