スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アニメ視聴記録:ef -a tale of melodies. 第4話『turn』

 2008-10-29
夕はどこで近眼になったんだろう。
まあ伊達眼鏡って可能性もありますが。
〈今回のあらすじ〉
・風邪をひいて寝込んでしまうミズキ。
 遊びに来たつもりが見舞いになってしまったと久瀬は残念がる。
 熱にうなされるミズキの手を取る久瀬。
 目を覚ましてしまったミズキは、人工呼吸だからと言って久瀬にキスを。

・学費を溜めたくて昼食はとらないと言う夕。
 逆境にめげないのとは違い、守るものがないから上だけ見ていられると謙遜する。
 夕が絵を描くことをどこかで望んでいる優子。
 優子は夕に合わせて昼食をとらないと言い出す。
 無駄な出費だと言う夕のその言葉は、どこまで本心なのか。
・誰かの嫌がらせで台無しにされた靴の代わりを買いに出かけた二人。
 優子が選んだのは、お気に入りだという前と同じ靴。
 相変わらず、仕返しをする気はさらさらないという。
 辛くないフリで自分を誤魔化して笑う、そんな生き方でいいのかと問う夕。
 夕と一緒にいるが楽しいからそれでいいと優子は言う。
・行きたい場所があると言うその先は、幼い頃に暮らした教会
 そこには教師を務める優子の義理のがいた。
 特に信徒というわけでもないという彼。
 優子のいない場所で、彼は夕に警告する。
 覚悟もなしに優子に近づくことは許されないと・・・。
 わけも分からず戸惑う夕。
 優子曰く、彼も震災で妹を亡くしているという。
・優子と別れた後、凪と出会う夕。
 優子の兄と会った凪は、夕と優子が“デート”していると聞いた。
 真実を確かめたくて焦る凪。
 凪がそれを気にする理由も分からず、夕は不可解な気分になってしまう。

・自分の意思で学校を辞めて漫画家に専念すると決めた紘。
 姉である凪は、それを悪いこととは思っていなかった。
 ただ、決めたのが自分である以上、苦しむのも自分の責任
 手伝いこそすれ、苦しみから解放もしてやれないと手厳しい。
 紘の仕事が終わるのを待ち望むみやこ。
 多少寂しくても、帰れる場所ができたからと彼女は言う。
 前より強くなったと賞賛する優子。
 守るものがないより、あったほうが人は強くなれるとみやこは言う。

赤い時計
 それは昔、夕が子供にしては大金をはたいて妹に買ってあげたもの。
 寝る時さえそれを外さず身に付けていた妹。
 だが震災の夜、妹は火事の中で亡くなってしまい・・・。
 夕は未だに、その時の心の傷から逃れられないでいた。

・死は怖いかと尋ねる夕。
 それをあえて聞くのは、ミズキという存在を得た“”だからこそ。
 当の久瀬も、その苦しみや恐怖は以前より増していて・・・。
・久瀬の時間があまりないと知ってなお、恋人になりたいと言うミズキ。
 いずれ入院する久瀬にとっては、自由に過ごせる時間もあとわずか。
 それまでに、あらゆることを清算してきたと久瀬は言う。
 それはもちろん、婚約までしていた女性のことも含めて・・・。
・たとえ踏み込まなければ良かったと思っても、もう後戻りなど出来ない。
 ミズキには、死に慣れているという夕が不思議な存在に見えた。
 それは恐くないからではなくて、笑っていないと潰されるからだと言う夕。
 反面、そんな苦しみからさえ這い上がったも見てきたと夕は話す。
 気が変わったら殴りにきてもいいと、ミズキを苦しめる責任は取ろうとする夕。
・ミズキのことは好きだと告げる久瀬。
 だからこそ余計に、彼女を巻き込むことは出来ない。
 久瀬はミズキと距離をとろうとする・・・。 



〈感想〉
紘なにしに出てきたんだ・・・?
姉の過去話だから弟は出ないだろうと思ったんですけどね。
みやこも久々に登場。
ただ、やっぱり蓮治とかと比べると印象薄いなあ(^^;
守るものがある強さってのは、いずれ夕(過去の方の)にも繋がっていきそうな話ですね。

久瀬はとりあえず今すぐ死んでもいいって気にはなってないみたいで。
それはそれでよかったですが、人工呼吸ってのはちと苦しいぞ(笑)
あえて似せてると思うんで、やっぱり千尋の時と同じ感じになってきましたかね。
助けてもらう側ってのも中々に気を遣うんですよね。
助ける側はある意味で善意という“強者”の側に立てますけども。
いや、だからって善意が悪いとは言わないですけどね。
「幸せにはなりたい」と言ったミズキの言葉がやけに空々しく聞こえる・・・。

優子の兄の警告はいったい・・・。
夕の口調っていろんな人から影響されてる気がしますね。
「覚悟」とか凪の口調とか。
というか、スター○ォーズですか(笑)

次回は京介も出てくるんですかねえ。
だんだんキャラがカオスになってきてる気がしないでもない。
しかも夕と優子は現在にも過去にもいますし。
紘・みやこ、京介・景(?)、千尋・蓮治+ミズキ・久瀬、夕・優子。
けっこう目まぐるしくなるかもしれないですね。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/tb.php/1066-1512f01f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。